薬学部 薬学科

HOKURIKU UNIVERSITY

目指すのは、
病院薬剤師。
患者さんに寄り添い、
地域医療に貢献したい。


永井 結奈
6年次生/富山県立富山東高等学校出身

幼い頃、薬局の薬剤師さんが子どもの私にもわかるように薬の説明をしてくれたことが嬉しく、薬剤師は私にとってずっと憧れの職業であり目標でした。小学生の頃からその目標がいつも私の頑張る力になりました。大学受験では、他学部への進学も含め幅広く考えてみましたが、やはりずっと憧れていた薬剤師になろうと心を決めて、薬学部に入学しました。高校までの学習は一人で学んで覚えるだけの繰り返しでしたが、大学では、友達と一緒に学び、教え合い、みんなで理解する習慣ができました。自分の興味のある分野を学んでいるので、新しい知識を身につけ、学年が上がるごとに積み上げてきた知識が繋がっていく面白さを実感し、この道に進んで本当に良かったと思っています。

また、5年次の総合病院での実務実習では、自分がどのような薬剤師になりたいのかを具体的に考える良い機会となり、患者さんにより近く寄り添うことができる病院薬剤師になりたいと思うようになりました。今は、薬学部での学びの集大成として、パーキンソン病の発症に関わる生活環境因子の関与に関する卒業研究に取り組んでいます。研究を通して「仮説を立て、考える力」を養い、医療人として成長していきたいと思います。

努力の先に見つけた、
スポーツファーマシスト
というワクワクする未来。


髙多 瞭治
6年次生/星稜高等学校出身(石川県)

北陸大学の学校説明会に参加したのは高校3年生の時。その頃私は、文系クラスで学ぶ=理系学部には進学できないと思い込んでいました。しかし、話を聞くうちに、幼い頃、薬剤師として働く両親の姿に憧れていたことを思い出し、「文系出身でもやる気さえあれば薬剤師になれる」という言葉に激しく心を動かされました。思い返せばこの時、夢への道が開けたのです。尊敬する両親の母校だったこと、そして高校時代全力で打ち込んだサッカーを続けられる環境が整っていたことも北陸大学を選んだ理由。私にとって薬剤師になることとサッカーはどちらも同じくらい大切なもの。それを同時に追うことができる北陸大学はまさに理想の進学先でした。

入学後は、勉強とサッカーの練習に1日のほとんどを費やしました。モチベーションになったのは、特別奨励金という大学独自の奨学金制度。2年〜6年次までが対象で、若干名しか給付されないため、これを目標に勉強することでレベルアップを図ったのです。幸い、5年次生の現在まで毎年選ばれており、大きな自信にもなっています。これからの薬剤師には、薬の知識にプラスできる〝何か〟が必要です。私の場合、栄養と運動の知識。それらを生かし、スポーツファーマシストとして薬の正しい使い方などを指導しながら競技者を支えるのが今の夢。2020年の東京オリンピックに薬剤師として関わるために、残りの学生生活でできることはすべて挑戦するつもりです。