薬学部 薬学科

HOKURIKU UNIVERSITY

在校生インタビュー


地域と臨床現場をつなぎ、
チーム医療の一端を担う薬局薬剤師になりたい。


東川 大河
6年次生/福井県立鯖江高等学校出身

入学直後のテスト結果が振るわず、以降はずっと危機感を持って勉強を続けています。1年次には、薬学のベースとして欠かせない生物、化学、物理、数学を基礎科目として学び直しました。授業でわからないことがあると、先生に聞いたり友人たちと勉強している時に確認したりして、しっかり理解するように努めています。加えて、ピア・サポート勉強会*でのアドバイスを参考に、自分らしい勉強方法を確立した結果、成績の立て直しに成功。

限られた成績優秀者のみが対象となる特別奨励金の受給を目標に掲げて学ぶモチベーションを維持し、4年次に達成することができました。こうして懸命に身につけた知識を実際の薬剤師の業務と統合するために欠かせなかったのが、実務実習です。薬局実習では、服薬指導に伺った患者さんの異変にいち早く気づいて医療現場につなぐ場面に居合わせ、薬局薬剤師もチーム医療の一員であることを確信。めざす薬剤師像が明確になりました。いつかは薬剤師の業務と並行して経営にも携わっていきたいという目標もできました。

東川さんの学び


基礎をしっかり築いて積み上げた専門知識と
医療人としての意識を併せ持った薬剤師へ。

理数科目を学び直して薬学のベースを築く。

1年次の講義は、理数系の基礎科目が中心です。苦手意識が強く、文系出身の学生と同様に一から学び直しました。勉強のコツや習慣も少しずつ身につけて、学習時間を増やしていきました。

学んだ内容を実験で検証し、発見を通じて深く理解。

1年次の後期から始まっている実習で、学んだ内容を実験で確かめ、「教科書に書いてあることはこういうことだったのか!」と紐づけて、使える知識にしていきます。多くの気づきや発見が、本当の理解に導いてくれました。

薬学部らしい授業が増え、モチベーションが高まる。

「薬理学」などの専門的な科目が加わり、高校生の時に憧れていた薬学部らしい授業が始まりました。薬学の勉強が一気に楽しくなり、薬学を学んでいる実感を持つことで、モチベーションもぐっと上がってきました。

シミュレーションを重ねて現場での実習に備える。

患者さんへの対応を想定した授業が増えます。「臨床薬学」では、薬剤師役・患者役を学生同士で演じて、服薬指導などをシミュレーション。5年次から始まる現場での実務実習を前に、模擬練習でしっかり準備しました。

実務実習で統合する、薬剤師の業務と学んだ知識。

病院と薬局のどちらで働くことが自分に向いているのかを見極めたいという思いで、実務実習へ。実際に薬剤師の方が働いている様子を目の前にして、学んできた専門知識と現場の業務を一つに統合できました。

特別奨励金

入学後、1年ごとに資格取得、課外活動での実績や学業成績を評価し、若干名に対し学費の一部についてサポートを行います。日ごろの頑張りに応え、夢の実現を応援する北陸大学独自の奨学金制度で、2年次から6年次までの学生にチャンスがあります。