薬学部 薬学科

HOKURIKU UNIVERSITY

人間性と専門性の高い薬剤師を養成します。

学生が自ら学ぶ力をつける教育を


松尾 由理
教授/専門分野:薬理学

超高齢社会の中で、薬剤師が果たす役割はますます多様化、複雑化しています。薬局や病院での調剤だけでなく、高齢者が自宅や地域を離れずに、自分らしく過ごしながら医療を受けられるように、薬剤師と医師、看護師、介護士などが連携して、患者さんと家族をケアする「地域包括ケアシステム」が求められています。患者さん一人ひとりに最善の医療と薬を提供するためには、答えが一つでないさまざまな問題を患者さんや医師などとともに解決しなければなりません。それには、薬剤師としての専門性だけでなく、コミュニケーション能力も求められます。

本学では、薬の専門知識と技術に加え、薬剤師としての使命感や人間性を大切に学んでいただきたいと考えています。ほとんどの科目にアクティブラーニングを取り入れ、学生が自ら学ぶ力を身につけることを重視した教育により、患者さん、医師、地域社会から信頼され、必要とされる薬剤師を養成します。薬剤師の未来を作るのは、皆さん自身です。本学は「学生の成長力No.1」を目指して、全教員一丸となって、学生一人ひとりの人間性と専門性を高め、将来活躍できるようサポートしていきます。

「薬剤師が活躍するフィールドは幅広く、チーム医療に携わる専門薬剤師、薬品の管理や安全確保に携わる公務員、学校薬剤師、麻薬Gメンにもなれます。製薬企業での薬の研究開発、MR、研究者など、さまざまな可能性が広がっています」と話す松尾先生。授業では、薬学教育の重点科目となる「薬理学」を担当し、薬の作用機序について組織、細胞、遺伝子のレベルで詳しく教えている。