薬学部 薬学科

HOKURIKU UNIVERSITY

教育ポリシー


1.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)

 人材養成の目的に基づき、以下の能力(知識・技能・態度)を身につけ、本学部の所定の単位を修得した者に対して、卒業を認定し、学士(薬学)の学位を授与する。

(1) 医療や人の健康に携わる専門家として幅広い教養を身につけている。
(2) 医療人としての自覚を持ち、倫理観、使命感、責任感を有している。
(3) 薬の専門家として必要な科学力を身につけている。
(4) 患者・生活者本位の視点に立ち、薬剤師として最善を尽くす信念と態度を有している。
(5) 薬剤師として、チーム医療及び地域の保健・医療に参画するために必要な実践的な能力とコミュニケーション能力を有している。
(6) 薬剤師として、個々の患者に適した安全で有効な薬物療法を実践する能力を有している。
(7) 論理的思考に基づく問題発見・解決能力を有している。
(8) 薬学・医療の進歩に対応するために、生涯にわたり自己研鑽し続けるとともに次世代を担う人材を育成する意欲と態度を有している。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)

 人材養成の目的に基づき、薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した以下の教育課程を編成する。

(1) 医療や人の健康に携わる者として幅広い教養を学ぶため、人文科学系科目、社会科学系科目、語学系科目等を開講し、さらに1・2年次にアクティブラーニングを主体とした「基礎ゼミI・II」「医療人」等の科目を提供することで薬学を学ぶ土台づくりをする。
(2) 医療人である薬剤師としての倫理観、使命感、責任感を醸成するため、低学年では「医療人」等を、上級学年では「薬剤師倫理」等の科目を設ける。
(3) 薬の専門家として必要な科学力を身につけるため、全学年で薬学基礎系、衛生薬学系、医療薬学系の薬学専門科目を、1〜4年次で各種の実習科目を開講する。
(4) 患者・生活者本位の視点に立ち、薬剤師として最善を尽くす信念と態度を醸成するため、低学年では「早期体験学習」を、また、上級学年では「臨床薬学実習」「実務実習事前学習I・II」等の体験型学習を展開する。
(5) 薬剤師としてチーム医療及び地域の保健・医療に参画する上で必要な実践的能力とコミュニケーション能力を身につけるため、「基礎ゼミI・II」を中心としたアクティブラーニング型授業に始まり、「実務実習事前学習I・II」「病院・薬局実務実習」「卒業研究」に至る体系的なプログラムを展開する。
(6) 薬剤師として個々の患者に適した安全で有効な薬物療法を実践する能力を身につけるため、医療薬学系、薬学臨床系科目を配置する。
(7) 論理的思考に基づく問題発見・解決能力を身につけるため、臨床薬学コースと薬科学コースからなる「卒業研究」を実施する。
(8) 生涯にわたり自己研鑽し続けるとともに、次世代を担う人材を育成する能力・素養を身につけるため、「基礎ゼミI・II」から「総合薬学演習」に至る体系的なプログラムを展開する。

 なお、これらのポリシーに基づき編成したカリキュラムの全容はカリキュラムマップに示し、個々の授業の目的と概要、学習目標、妥当性・信頼性のある成績評価方法、授業計画をシラバスに記載することによりカリキュラムの体系性を担保し可視化する。
 また、質保証の観点から学修成果の評価は、教育プログラム(またはユニット)の終了後もしくは終盤においてパフォーマンス課題を用いて行う。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー:AP)

 本学の建学の精神に共感し、以下の能力・意欲を持った人を受け入れる。

(1) 薬学を学ぶにあたり、高等学校卒業程度の知識を修得し、活用する力を有する人
(2) 薬学に興味を持ち、薬剤師として健康社会の実現に貢献しようとする強い意欲を有する人
(3) 人とのコミュニケーションを大切にし、多様な人々と協働する態度を有する人
(4) 基礎的科学力を身につけ、薬学分野での研究を志す人