経済経営学部
マネジメント学科

HOKURIKU UNIVERSITY
STATEMENT

変化する社会の中で
生き抜くことのできる
マネジメント力を備えた
企業人・公務員を育成

就職状況


中学・高等学校の教職課程

中学校教諭一種免許状「保健体育」
高等学校教諭一種免許状「公民」「保健体育」


中学校及び高等学校の教員を志望する学生のために、教職課程が設けられています。教職課程において「教職に関する科目」等所定の単位数を修得した学生は、教育職員免許法によって教員免許状が取得できます。
教員採用試験前には、個人面接対策を行い、学生の夢の実現に向けて手厚いサポートをしています。

マネジメント力を持った人材を
養成できる仕組み


#01

“社会人のための5教科”を
横断的に学べるカリキュラム


社会人の必須科目である経済・経営・法律・会計・ITを1年次から学びます。現代社会で必要とされる知識とスキルを身につけることが、これからの時代を生き抜く力となります。

#02

「社会が求める力」を
育てる独自の教育


1年次から始まるゼミナールや日本語リテラシー科目などの初年次教育科目から統計学やアカデミックライティング等、確かな「考える力」と「生きる力」を段階的に育てます。

#03

社会の課題解決に
取り組む実践的教育


地域マネジメント課題では、身近な地域をフィールドとして、社会に存在するさまざまな課題を発見し、他者と協働しながら解決へと導くプロセスを実践的に学びます。

#04

社会人の素養となる
複数の資格を取得


実社会で役立つ素養となる、日商簿記、MOS・ITパスポート、TOEICといった複数の資格取得に向けて学び、ビジネスにおける“共通言語”を身につけます。

「社会」「組織」「自己」の
マネジメント力


身につける知識


社会人の必須5教科

経済、経営、法律、会計、ITの5分野を中心とした社会人に必要な知識を身につける。
この学びが、組織、社会、自己のマネジメントにつながる基礎力となる。

身につく資格

「日商簿記」「MOS・ITパスポート」「TOEIC」

  • 組織のマネジメント

    企業や組織の目標を達成できる力や、組織でイノベーションを起こさせる力を育成する。
  • 社会のマネジメント

    地域社会の問題を発見・解決し、よりよい社会に変えていける力を育成する。
  • 自己のマネジメント

    自律的に物事に取り組む姿勢を育て、社会に出ても主体的に成長できる力を身につける。

身につくスキル


  • 知識をもとに解決策を
    見いだせる力


    組織や社会に関するさまざまな課題を発見し、新しい解決策を見つけ出し、論理的に表現できる力を身につける。

  • 実社会で
    成果を出せる力


    さまざまな学修経験の積み重ねにより多様な人々と協働し、リーダーシップを発揮しながら、新しいやり方で課題を解決できる力。経験をふりかえり、自分の成長へとつなげることができる力を身につける。

  • 対人スキル
    (親和力、協働力、統率力)

    チームで働く力

  • 対自己スキル
    (感情制御力、自信創出力、行動持続力)

    前に踏み出す力

  • 対課題スキル
    (課題発見力、計画立案力、実践力)

    考え抜く力

科目ピックアップ


#01

ITは21世紀の必須スキル


Society5.0が到来するなか、いまや、プログラミングなどのITスキルは、文系・理系に関係なく誰もが身につけておくべきことになりつつあります。本学部では、全員がPC必携となるだけでなく、経済学や経営学・会計学と組み合わせて、充実したIT科目を学ぶことで、未来の仕事に対応したマネジメント力を身につけることができます。

#02

ゼミとキャリア科目が連動


ゼミ担当教員がキャリア教育もそのまま担当する経済経営学部の独自システムが卒業時まで続きます。学生の成長を最も身近に感じているのがゼミ担当教員。進路支援の一番の味方となる存在です。

#03

「考える力」を徹底的に養う


これからの社会で必要となるのは、コミュニケーション力だけでなく、正解のない問いについて考える力=「課題解決力」です。1年次から思考力や表現力を育成する科目や実社会で役に立つ科目が展開されていきます。

#04

公務員・資格取得対策講座


正課カリキュラムの中で、IT系の資格取得を目指すための科目や、公務員試験対策科目が実施されます(自由科目)。授業時間内に行われるだけでなく、もちろん無料で実施されます。ダブルスクールや課外講座ではない点が大きな特徴です。

#05

地域安全マップ


地域の子どもたちの安全を守る活動。事前に研修を受けた学生が、子どもたちと共に通学路を歩き、危険な場所を記したマップを作ります。この活動をきっかけに警察官を目指し、就職する学生も多くいます。

学部長メッセージ


変化する社会の中で成果を出す、
そんな人を4年間で育てます。


経済経営学部長 教授
山本 啓一
博士(法学)

  • 今、「第4次産業革命」が到来していると言われています。自動運転やロボット化、無人レジやAIの活用などが、すでに大きく進化しています。今後10〜20年のうちに、全体の半数近い仕事が自動化され、多くの仕事が消滅するとも言われています。
    このように社会が急激に変化する中で、教育も変化を迫られています。豊富な知識を持っているだけでは、「新しい解決策」を提案することはできません。人から言われたことを真面目にやるだけでは、これからの社会を生き抜くこともできません。大学4年間を通じて身につけるべきことは、ロボットやAIにできない能力です。それは、社会に関する様々な知識をもとに、新しいアイデ

  • アを生み出す能力であり、他者を巻き込み協働できる能力です。また、社会に出ても学び続け、成長し続けられる主体性も不可欠です。
    経済経営学部では、経済学・経営学・法律学といった分野に加えて、ビッグデータやAIを理解し、使いこなすためのITスキルをしっかりと身につけていきます。また、地方創生の時代には、地方公務員にも自治体経営の視点が求められます。そのため、簿記会計の資格取得も目指します。経済経営学部では、自己成長力を支援する豊富な仕組みとカリキュラムを用意して、みなさんの入学を待っています。

  • OB・OGインタビュー
  • 在学生インタビュー