経済経営学部
マネジメント学科

HOKURIKU UNIVERSITY

在校生インタビュー


マネジメントは、
なりたい自分に
成長するための手立て。


北村 祈莉
4年次生/石川県立小松明峰高等学校出身

  • 経済学への興味から、経済経営学部へ進学しました。当初、学科名のマネジメントという言葉には、経営を管理する手立てという堅苦しいイメージしか抱いていませんでした。でも、授業内容をレポートで振り返ったり、年単位で自分を見つめ直したりする学部ならではの学修プロセスを重ねるうちに、気づいたら自らの成長をマネジメントする姿勢が身についていました。いまでは手帳を持ち歩き、目標までの道のりを計画立てて実行できるまでに。その過程で、私には大学内だけでなく実社会でのコミュニケーションを通して視野を広げる必要があると実感し、学外で企業主導の地域貢献活動に参加するようになりました。一方で、大手企業の第一線で活躍していた先生から身近な組織戦略の事例を学ぶ「経営学概論」の授業に夢中になり、興味は経済から経営へ。先生おすすめの書籍を読み込み、ゼミでも教えを受けています。経営への興味は、就職活動にも弾みをつけました。私が志望しているのは、地域密着型の企業。学びを活かして、採用面接では自分の意見をしっかりアピールしたいと思います。

  • ンを通して視野を広げる必要があると実感し、学外で企業主導の地域貢献活動に参加するようになりました。一方で、大手企業の第一線で活躍していた先生から身近な組織戦略の事例を学ぶ「経営学概論」の授業に夢中になり、興味は経済から経営へ。先生おすすめの書籍を読み込み、ゼミでも教えを受けています。経営への興味は、就職活動にも弾みをつけました。私が志望しているのは、地域密着型の企業。学びを活かして、採用面接では自分の意見をしっかりアピールしたいと思います。