経済経営学部
マネジメント学科

HOKURIKU UNIVERSITY

経済経営学部の学びを
どのように活かすか


経済経営学部学生
上段左から此木瑞歩/北川明日香/ 梶原唯加/田中沙采

経済経営学部教員
下段左から奥田純子 助教/中村有希 助教

経済経営学部の学びを
どのように活かすか


経済経営学部学生
上段左から
此木瑞歩/北川明日香/ 梶原唯加/田中沙采

経済経営学部教員
下段左から
奥田純子 助教/中村有希 助教

奥田助教:みんなは将来、どんなところでどんなふうに働きたいと思っている?
北川:私はキャリアウーマンになってバリバリ働きたい。
梶原:私は、「これだ!」と思うことを見つけて働きたいなぁと思います。
梶原:まだ全然想像できないです…。
田中:将来、地元に帰って何かしら地元に貢献できる仕事ができたらいいなぁと思っているけど、卒業してすぐに地元に帰るかどうかで悩んでいます。
奥田助教:田中さんは去年、どこでインターンを経験したの?
田中:市役所です。
奥田助教:私は大学2年の時に総務省にインターンシップに行きました。
田中:どうして総務省のインターンに行ったのですか?

奥田助教:「地域」や「地方自治」に関心があったから。なぜ、地域や地方に関心を持っていたかというと、出身は埼玉ですが、大学での友達に関西の人が多くて、「将来は、一旦は都会で働いても地元に帰りたい」と言う人がすごく多かったんです。でも私は「地元に帰りたい」と思うことがなくて、そこから地域というものに興味を持ちました。ゴールを決めて、「じゃあ何をすべきか」と考えて努力してきたけど、今はあまりゴールを決めずに、自分の興味・関心だったり、「目の前にあるチャンスを掴んできた先に道がある」みたいな感じで生きています。

中村助教:私は学部生の頃は、小学校の教員を志望していました。でも、いざ現場に出ようとしたら何もわからなかったので、もっと勉強しないといけないと思ったんです。それで、大学院で子どものための授業を研究していたら、それが面白くなって大学教員になりました。
奥田助教:日本では、「夢は何ですか」「やりたいことは何ですか」と聞かれることが多いですよね。そのゴールに向かって長い間努力を続ける生き方が当たり前だと思われがちだけど、そればかりではないということに社会に出たら気づくのかなと思います。
中村助教:突然、やりたいことが降って湧いたりもしますね。
奥田助教:守備範囲を広めにしておいて、そこに入ってきたものを掴み取るのでも良いと思いますね。
中村助教:でも、私たちみたいな生き方をする女性って少なくないですか?決められたレールに乗っていく人もいるから。
奥田助教:たぶん、自由に生きていると将来が見えなくなってくることもあると思う。「私、今は楽しく働いているけど、結婚できるのかな」「子どもはできるのかな」とか。でも、自由に働くことで初めて出合える楽しさややりがいがあるとも思っています。
田中:私は、大学に入ってから自分は何のためにここに来たのだろうってずっと思っていました。でも、市役所のインターンシップに行って、市役所の仕事は市を経営することだと学びました。大学では企業の経営を学んでいるけれど、その学びは行政に入っても活かせるのではないかと気づきました。
奥田助教:北川さんはバリキャリ志向だけど、それは都会をイメージしているの?
北川:私は石川出身なので、自分が働くことで何かに貢献できるなら、地元に貢献したいと思っています。
奥田助教:今年中にやっておきたいことはある?
梶原:簿記とかの資格を取りたいです。
梶原:私は、中学から吹奏楽をしていて、高校では部長もさせてもらいました。部の顧問の先生が経済学部出身だったのですが、部の運営の仕方やマネジメント力がすごかったので、私もそういうことがわかればいいなと思ってこの学部に入りました。今は、SA(スチューデント・アシスタント)の活動でいろいろな人と話ができて楽しいです。
奥田助教:マネジメント力の定義の一つに、「課題解決能力」がありますが、これはどの分野でも通じる力だと思います。たとえば見知らぬ地域に行って、そこで自分にできることを見つけていく。解決と言うと少し大げさだけど、とにかく動く。行った先で、多少緊張しながらも行動していると、「なんだ、できるじゃん!」って自信がつきます。そういう経験を学生のうちにしておくと社会に出る時のハードルが低くなるのではないかな。日々の生活の中で、そういうチャンスを見つけて、学外とつながってみると良いと思います。ぜひ経済経営学部で、はじめの一歩を踏み出す大学生活にしてください。