医療保健学部
医療技術学科

HOKURIKU UNIVERSITY

よくあるご質問を
Q&A形式でまとめました


学生生活、学費・奨学金について

  • キャンパスへのアクセスについて教えてください。
    • 本学には、本部、経済経営学部、国際コミュニケーション学部、医療保健学部のある「太陽が丘キャンパス」と薬学部のある「薬学キャンパス」の2つのキャンパスがあります。
      キャンパスへの所要時間は、JR金沢駅から北陸鉄道バスを利用した場合、「太陽が丘キャンパス」には約30分、「薬学キャンパス」には約35分で、車をご利用の場合は、北陸自動車道金沢森本I.Cから金沢外環状道路(山側環状)経由で約20分、金沢東I.Cから約25分、金沢西I.Cから約30分となります。
      両キャンパスは金沢市郊外の自然豊かな環境に立地し、兼六園や片町・香林坊などの金沢市中心部にも車で約15分の距離にあり、交通の便は良好です。両キャンパス間の距離は約3.5㎞で、シャトルバスが1日約30本往復し、学生は無料で利用できます。
      交通アクセス
  • 通学にはどのような方法がありますか。
    • 交通事故防止の観点から公共交通機関での通学を基本としており、本学行きバスの便数を十分に確保しています。バス通学推奨の一環として、定期乗車券を利用して通学する学生に対し、対象区間の一部を支給する「バス通学推進奨励金」制度を設けています。また、3年次生以上の遠距離通学者には、安全運転講習の受講を義務づけた上で、自動車通学を認めています。
  • 学生寮での生活はどのような感じですか。
    • 学生寮として「ドームひまわりの家」と「松雲会館」(2022年3月閉館予定)があります。
      いずれも、北海道から沖縄まで全国から学生が集まっており、同じ学部の友人ができるよう、各フロアの部屋割を学部ごとにして、先輩後輩の垣根を越えて寮生活を楽しんでいます。
      なお、現在、女子寮の「ドームひまわりの家」は、2022年4月から男女共用寮への移行を予定しています。共用化に際しては、男女フロアを明確に分けるとともに、セキュリティカードによる利用階の制限や立入制限区域の設定などセキュリティを徹底し、安心して学生生活をお過ごしいただける環境を構築します。
      学生寮
  • クラブ・同好会活動について教えてください。
    • 本学には、全国レベルの大会に毎年出場し、プロ選手も輩出する強化クラブを始めとしたスポーツ系、学術系、文化系、音楽系などの全47団体があり、複数のクラブ・同好会を掛け持ちする学生もいます。クラブ・同好会に参加することで、学科や学年を越えた一生の仲間と出会え、4年間のキャンパスライフを充実したものにすることができます。
      クラブ&同好会
  • 男女比はどのくらいですか。
    • 医療保健学部全学年計で男子22%、女子68%で女子が多いです。全学生の合計では男子55%、女子45%となっています(2021年5月1日現在)。
  • アルバイトはできますか。
    • 国家試験受験資格を得るために、自学自修も非常に重要となります。アルバイトの収入が必要な学生もいると思いますが、時間の管理を上手く出来れば可能だと考えます。ただし、4年次は、臨地・臨床実習や就職活動、国家試験を控えるので学業を優先し考えることが必要です。
  • 学費を教えてください。
    • 2021年度入学生の学費は、年額で1,500,000円(授業料1,100,000円、教育充実費400,000円)です。このほか、入学時のみ入学金として別途200,000円が必要になります。
  • 在学生対象の奨学金について教えてください。
    • 修学意欲の向上、学業成就、及び成績向上、併せて国際的視野を養成することにより、有為な人材を育成することを目的として、次のとおり本学独自の奨学金制度を備えています。
      ・特別奨励金 ・留学生特別奨学金 ・資格取得奨励金 ・留学助成金
      ・国際交流研修助成金 ・経済支援奨学金 ・一般奨学金(無利子貸与)
      ・バス通学助成金
      在学生を対象にした奨学金や助成制度
  • 在学中に家計が急変した場合、奨学金を受けることができますか。
    • 生計維持者が失職・破産・会社の倒産・病気・死亡等、また風水害により家計が急変したため、緊急に奨学金の必要が生じた学生を対象に60万円(限度額)を貸与する「緊急奨学金」を設けています。その他、日本学生支援機構や地方自治体の奨学金制度がありますので、学生課に相談して下さい。

学部・学科での学修について(授業・試験等)

  • 学部(学科)の特徴は何ですか。具体的に何を学ぶのでしょうか。
    • 本学医療保健学部は、ニューノーマル時代に必要とされる確かな知識・技能を有し、広い視野、高いコミュニケーション能力を持った医療人を育成するために、臨床検査学及び臨床工学の知識・技能を広く学び、2つの領域の重要性を理解した、臨床検査技師、臨床工学技士を養成します。指導にあたる教育スタッフは医療現場の最前線で活躍した人材も多く、全力で学生をサポートします。
  • 学部(学科)で学ぶ上で高校時代に取り組んでおいた方がいいことはありますか。
    • 入学後においても継続的な勉強の習慣や、多角的に物事を考えることができる力が必要となるため、推薦入試などで早めに入学が決まった場合でも、大学入学共通テストの受験を目指した勉強をしておくと、入学後の勉学にもスムーズに移行できると思います。入学後は医療人に不可欠な倫理観、使命感、責任感を持ち、コミュニケーション能力、研究能力、実務的能力から、人としての優しさや思いやりの心など、机上の学習だけでは得られない豊かな人間性を身につけることが求められます。そのため、例えば、部活動や研究活動などを通して様々な人と関わる中でコミュニケーション能力を身につけたり、海外体験を通してグローバルな視点を身につけるなど、感性豊かな時代にしかできないことにチャレンジすることも良いと思います。
  • 一日の生活サイクルを教えてください。
    • 学年や曜日によっても異なりますが、授業は9:15〜18:20の間、90分授業が5限まであります。もちろん早く終わる日もあれば、間に空く時間(大学では「空きコマ」といいます)や早く終わる日があり、自習や友達との懇談、部活・同好会やアルバイト等、有効に時間を過ごすことができます。
      大学以外の生活や通学事情は、自宅、下宿、寮など、個人によっても異なります。
  • 担任の先生はいますか。
    • 担任制度があり、皆さんの学修はもちろん、就職・学生生活に関すること等、何でも相談できます。
  • テストはどのくらいの頻度で行われますか。
    • 前・後期の2学期制で、ほとんどの科目は学期末に定期試験があります。また、科目に応じ、随時小テストが行われる場合もあります。詳しくは、履修の際にシラバスを確認してください。
  • 入学後にパソコンは必要ですか。
    • ICT活用能力の向上を目的としてパソコン必携制度をとっており、入学までにパソコンのご用意をお願いしています。授業やゼミでのレポート作成や情報収集に加え、履修登録手続きや成績閲覧、授業課題の提出なども大学のWebサイト等を通じて行います。新規購入の場合は、本学推奨ノートPCも斡旋しています。
  • パソコンが苦手でも大丈夫ですか。
    • 入学後、授業の中で修得してもらいます。最初は苦手でも構いませんが、パソコンスキルは、大学時代だけではなく、これからの時代に必須なので苦手意識は払しょくするように自分で努力してください。
  • 臨地・臨床実習とは何ですか。どのように行われるのですか。
    • 3〜4年次前期に実施する病院実習のことです。臨床検査学の病院実習を「臨地実習」、臨床工学の病院実習を「臨床実習」と呼びます。臨地実習は病院の検査部(医療技術部、健診部)等で各領域の検査を実際に見学・体験します。臨床実習は病院の医療機器管理室(ME室)等で各業務を実際に見学・体験します。期間は、実習により異なります。
  • 国家試験対策について教えてください。
    • 1・2年次生の間は、各科目の授業内で国家試験問題に触れる機会を設け、早い段階での意識付けを行うようにしています。本格的な国家試験対策は3年次から始めており、毎月1回の模試、後期には過去の国家試験問題、練習問題を使用した課題を配布し、各担任が個別指導及び進捗管理を行っています。臨地実習・臨床実習期間中はWebを利用した模試・ドリル、実習終了後は、国家試験受験日まで業者模試を含め、国家試験対策補習を行います。
      また、毎年9月に実施される「第2種ME技術実力検定試験」は、希望コースに関わらず学部生全員受験・合格するよう指導・補習を行います。

海外留学・研修について

  • 医療保健学部で体験できる海外留学・研修制度について教えてください。
    • 世界15か国・地域63校の姉妹校・友好校・パートナーシップ校との強固な交流ネットワークに基づき、2年次で「東洋医学に精通したグローバル医療人材育成プログラム」を実施しています。このプログラムは、東洋医学への関心を高め、西洋医学との両面からアプローチできる人材育成に向けた導入教育を目的とし、8月中旬から約2週間にわたる研修を行います。提携校である天津外国語大学の協力のもと、附属病院の診察室や、鍼灸・気功・吸玉などの治療の様子を見て医療現場を学習します。

進路について

  • 就職支援はどのように行われますか。
    • 2年次9月の第1回進路希望調査から始まり、3年次からは自己分析、業界・職種研究、マナー・着こなし、メイクアップ、履歴書作成、筆記試験対策、面接対策などの各種講座を開講し、教職協同で学生の希望する就職・進学率100%に向けて取り組んでいます。
      また、2月には学内合同病院・企業説明会を開催し、学生と病院・企業が直接面談し、就職先を具体的に検討する機会を設けています。
      4年次に実施する臨地・臨床実習は北陸3県で55施設の医療機関から受入れの承諾を得ており、この実習期間内の評価から就職につながるケースも多くなっています。
      教育スタッフには地元病院を始め国立大学・私立大学病院、及び日本赤十字病院の出身者など実務経験者も多く、それぞれの分野でこれまでに培ったネットワ-クから就職活動を支援します。
      全員の就職・進学を目標にしていますが、まずは国家試験に合格することが重要であり、本学では臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス資格取得を目指すため、まずは3年次から実施している試験対策に重点を置いています。

      就職支援について
  • 卒業後の進路について教えてください。
    • 本学部では2021年3月に初めての卒業生を輩出するため、現時点で就職・進学実績はありませんが、4年次生の大多数がすでに就職先への内定や大学院進学を決めています。臨床検査技師は病院・診療所の検査部、医療技術部、健診部、輸血部、病理部といった部門で働くことが多く、臨床工学技士についても多くは病院・診療所の臨床工学科、医療機器管理室(ME室)、医療技術部といった部門で働いています。また、臨床検査技師は検査を専門に行っている臨床検査センタ-(登録衛生検査所)、予防医学協会、大学や地方自治体の研究施設でも働いています。また、最近は大学院に進学して、研究者や教員になる人もいます。