医療保健学部
医療技術学科

HOKURIKU UNIVERSITY

臨床工学と臨床検査学の
両方のスペシャリストとして、
地域医療に貢献したいです。


喜多 裕香
3年次生/星稜高等学校出身

  • 機械を触ることが好きで、最初は工学部志望でしたが、北陸大学のオープンキャンパスに参加して気持ちが一変しました。あらゆる医療機器を扱うスペシャリストとして、人の命を助ける臨床工学技士に強く惹かれたのです。北陸大学では臨床工学技士と臨床検査技師の両方の資格取得を目指すことができると知り、医療現場の先駆者になれることにも魅力を感じました。
    1年次は、高校で習った数学、物理、化学、生物を学び直し、徹底的に基礎を固めていきました。私は、高校で生物を選択していなかったので、大学で最初から学ぶことができて安心しました。

  • 2年次には「生体機能代行装置学実習」を通して、人工透析装置や人工心肺装置、人工呼吸器などの使い方全般を習得。実際の病院で使われている機械を動かし、将来に近づいてきている実感を持つことができました。3年次の授業は、ほとんどが専門科目で、内容が高度で専門的になります。ここで大事なのが、1年次に学んだ理数系の基礎科目。1年次から積み上げてきた知識がつながり、授業や実習がますます楽しくなってきました。
    将来は、臨床工学技士と臨床検査技師の両方の資格を持つ専門職として、地域の医療現場で頼られる医療人をめざします。

Wライセンスを力に、
これからの
チーム医療を
支えていきたい。


石山 大河
3年次生/弘前学院聖愛高等学校出身(青森県)

  • 北陸大学に臨床検査技師と臨床工学技士という2つの資格が取得できる学部が創設されると教えてくれたのは臨床検査技師である父でした。実際に医療の現場で働いている人達の間で話題になっていると聞き、どれほど画期的な取り組みなのかがすぐに分かりました。臨床工学技士がいない病院もたくさんあるという現状も教えられ、Wライセンスを持って医療に携わることは、自分のためでもあるけれど患者さんのためでもあると確信。より幅広く、より深く人の役に立つ知識と技術を学べる北陸大学で頑張ろうと決めました。
    最近、本格的な授業が始まったのですが、教壇に立つ先生の多くが実は多くの学生が使う教科書も執筆しているなど、臨床検査のスペシャリストであることが分かり、本学の教育レベルの高さと充実した体制には本当に驚きました。

  • 私たち1期生の今後が、これからの医療保健学部全体にも影響するという責任を感じることもありますが、今はこの恵まれた環境の中で学びを深めていく期待の方がはるかに大きいです。
    臨床検査技師や臨床工学技士は、「縁の下の力持ち」というイメージが強い仕事。しかし、私は将来、積極的に患者さんと関わり、しっかりと支え、今後一層求められるチーム医療に専門家として貢献したいと考えています。目指すのは、「患者さんのために」を実践してきた父。そのためにも必ず4年後にはWライセンスを手にしたいです。

臨床検査学と臨床工学、
両方の知識と技術を
身につけ地域医療の
先駆者を目指します。


松下 愛
3年次生/石川県立小松高等学校出身

医療の世界に目を向けた時に、臨床検査技師という仕事に興味を持ち、医療保健学部を志望しました。1年次は1限から授業が隙間なくあり、高校の数学や理科科目も学び直し、これから専門を学んでいくために必要な基礎をしっかりと固めました。実習系科目では、顕微鏡で見た細胞を自分でスケッチして観察眼を養ったり、検査機器を使って尿検査を行ったり、採血の方法を学んだりして、少しずつ医療系の学びに近づいてきている実感もあります。2年次の「臨床生化学実習」では、試薬を自分で作って実験するので、今からとても楽しみです。

私がこの学部に入ったのは臨床検査技師の仕事に興味を持ったことがきっかけでしたが、これから在宅医療の需要がますます増えていくことを考えると、臨床検査技師と臨床工学技士の2つのライセンスを取得することで、医療人としての新しい未来も描けると期待しています。臨床検査学と臨床工学の両方の知識と技術を身につけることで、私が地域の医療現場で先駆者になることも夢ではありません。今は、授業のこと以外でも経験豊富な先生たちと話をしながら、将来について考えを膨らませています。医療保健学部の先生は、実際に医療機関で活躍されてきた実績のある方ばかりなので、授業内容はもちろん、将来のことや勉強方法などを気軽に相談ができる環境にも満足しています。