医療保健学部
医療技術学科

HOKURIKU UNIVERSITY

在校生インタビュー


患者さんへの対応を
第一に考えられる
臨床工学技士をめざして。


谷口 あかり
4年次生/石川県立小松高等学校出身

  • 漠然と「医療系の仕事に就きたい」と考えていた私が北陸大学に進学したのは、医療保健学部で臨床検査技師と臨床工学技士の両方に必要な知識を修得して、将来の職業選択の幅を広げたかったからです。当初はなんとなく臨床検査技師をめざしていましたが、実際に学び始めてみると、患者さんとのコミュニケーションがより重視される臨床工学技士の仕事に興味を抱くように。大きく影響したのは、先生方の熱い指導です。医療機器に関する授業であっても、患者さんへの対応に関する指導が中心となるため、臨床工学技士の仕事は「患者さんの存在ありき」だと考えるようになりました。臨床の現場で実績を重ねた先生方の授業はわかりやすく、私たち学生との距離感も近いため、自主勉強の際にわからないことがあればすぐに研究室へ質問に行きます。4年次になり、最近はゼミ担当の先生に少しずつ就職に向けた相談を始めました。勉強が大変と感じることもありますが、学ぶ意識が高くて触発されることが多い学部生の仲間と未来を語り合いながら切磋琢磨しています。

  • 学技士の仕事は「患者さんの存在ありき」だと考えるようになりました。臨床の現場で実績を重ねた先生方の授業はわかりやすく、私たち学生との距離感も近いため、自主勉強の際にわからないことがあればすぐに研究室へ質問に行きます。4年次になり、最近はゼミ担当の先生に少しずつ就職に向けた相談を始めました。勉強が大変と感じることもありますが、学ぶ意識が高くて触発されることが多い学部生の仲間と未来を語り合いながら切磋琢磨しています。

医療のつなぎ手である
臨床検査技師への道を
着実に歩んでいます。


松本 陽斗
4年次生/石川県立金沢西高等学校出身

  • 臨床検査技師と臨床工学技士は、医師をはさんで医療をつなぐ職業だと思っています。臨床検査技師による検査結果がなければ医師は治療方法を判断できないし、臨床工学技士が扱う医療機器がなければ治療そのものができないからです。検査と工学の両方にまたがる学びがある北陸大学の医療保健学部は、チーム医療の一員として活躍できる臨床検査技師への道を私に示してくれています。「免疫学」や「生化学」の授業には、自分の身体に照らし合わせて病気や予防の知識を積み上げていく面白さがあります。学生同士で検査者役と患者役を演じて学ぶ「生理機能検査学実習」は、患者さんの心情を知る経験となりました。こうして、医療従事者に欠かせない意識を形成するとともに進めているのが、国家試験対策です。「4年次には実習で忙しくなるから、3年次の夏休みには勉強を始めたほうがいいよ」と先生からアドバイスをいただいて以来、コツコツと進めてきました。これから始まる実習への準備でも、国家試験の問題を意識して勉強し、確実に自分の力にしていくつもりです。

  • 士で検査者役と患者役を演じて学ぶ「生理機能検査学実習」は、患者さんの心情を知る経験となりました。こうして、医療従事者に欠かせない意識を形成するとともに進めているのが、国家試験対策です。「4年次には実習で忙しくなるから、3年次の夏休みには勉強を始めたほうがいいよ」と先生からアドバイスをいただいて以来、コツコツと進めてきました。これから始まる実習への準備でも、国家試験の問題を意識して勉強し、確実に自分の力にしていくつもりです。