医療保健学部
医療技術学科

HOKURIKU UNIVERSITY

OB・OGインタビュー


先生からの激励の言葉が
臨床検査技師としての
知識に紐づいています。


板井 萌夏(臨床検査技師)
金沢医科大学病院
2020年度 医療保健学部 医療技術学科 卒業

就職先の金沢医科大学病院で、1年間の研修が始まりました。学生時代の私にとって、第一志望の病院です。臨床検査技師の採用枠はわずか1名の狭き門だったので、採用試験を受けたものの自信がなく、結果を待たずに次の応募先を探し始めました。そんな私に寄り添ってくれたのが、医療保健学部の先生方です。臨床検査技師を募集している病院を探してくれたり、いっしょに候補先の病院を見に行ってくれたりと、親身になっていただきました。採用通知を受け取った時、すぐに先生方に報告したほどです。そんな先生方は、臨床の現場経験が豊富な方たちばかり。いつも手厚い指導で私たち学生を導いてくれました。国家試験が近づくと、毎日、セミナールームに友人たちと集まっては勉強し、わからないことがあれば、すぐ近くの研究室へ先生を訪ねて質問しました。そのためか、試験問題を解いていると、先生からいただいた激励の言葉とともに解答が思い浮かぶから不思議です。先生や仲間とともに駆け抜けた4年間が、臨床検査技師としてのいまにつながっています。

患者さんと医療機器を
あたたかい思いでつなぐ
臨床工学技士でありたい。


山田 彩千乃(臨床工学技士)
金沢赤十字病院
2020年度 医療保健学部 医療技術学科 卒業

この春から臨床工学技士として金沢赤十字病院で働き始めました。北陸大学の先生や仲間たちとの出会いは、島根県出身である私の人生の選択に大きく影響したと思います。学ぶ意識が高い同級生に恵まれ、国家試験合格という同じ目標に向かって一丸となって歩んだ4年間でした。実務経験が豊富なうえ、体当たりで私たちを指導してくださった先生方は、何でも相談できる存在です。入学当初は臨床検査技師をめざしていた私ですが、臨床実習をきっかけに臨床工学技士として働くことにも魅力を感じ、進路に迷うように。その時、ゼミ担当の先生からいただいた、「あなたならきっと、患者さんが医療機器を扱うたびに顔を思い浮かべるような臨床工学技士になれる」という言葉は、私の背中を臨床工学士の道へと押してくれました。在宅医療が推奨される現代、患者さんやご家族が医療機器を扱う機会は増えています。使用方法の説明時などに私が介在することで、見慣れない医療機器に対する患者さんの恐怖心や不安がやわらぐように、臨床工学技士としての役割を果たしていきたいです。