就職支援

HOKURIKU UNIVERSITY

Wライセンスと社会的スキルを
備えた医療人を養成

臨床検査学と臨床工学の2領域を4年間で効率的に学び、幅広い業務に対応できる医療人を養成。日々進歩し続ける医療現場の最前線を知る教員たちが、学生一人ひとりの学修と就職をサポートします。

地域チ-ム医療論

他職種との協働によるチーム医療について実践例から学びます。また、保健・医療・福祉の連携のために必要な医療人としてのコミュニケ-ション力を修得します。

専門職連携演習

安全・安心な医療を目標とし、積極的に自身の専門性を活かしながらチーム医療の流れ、構成員等に関する基本的な知識、技術、態度を修得します。

4年間の学修で知識・技術、コミュニケーション力を身につけ、
臨床検査技師と臨床工学技士、
2つの国家試験受験資格取得を目指します。

1年次

医療における基礎知識を学ぶ

高校生から大学生としての醸成を計る目的で、一般供応科目に加え基礎ゼミナール科目で学生の思考力・判断力・表現力、および主体性や協働力を養います。また、医療技術者としての必要な人体と構造や機能などの知識を学びます。

9月:
〇進路ガイダンス
・就活スケジュール
・第1回進路希望調査
2年次

知識・技能をより深く学ぶ

臨床検査学と臨床工学の専門的な知識・技術を学び、臨床検査技師・臨床工学技士それぞれの職種の仕事内容への理解を深めて行きます。

4月:
卒業生による職種別仕事研究講座
9月:
〇進路ガイダンス
・就活スケジュール
・第2回進路希望調査
キャリア・自己分析
10月:
キャリア・自己分析
12月:
☆進路支援講座
・自己分析
・情報収集
2月:
◇学内合同病院企業研究会
3年次

診断治療に必要な知識と
技術を学ぶ

いよいよ専門的な知識や技術を習得するための実習が増えてきます。4年次の臨地・臨床実習(病院実習)へ行くために必要な知識や技術に加え、態度や言葉使い、コミュニケーション力などを高めて行きます。同時に就職活動に向けた講座も増えてきます。

4月:
〇進路ガイダンス
・就活スケジュール
・就活マナー
6月:
☆進路支援講座
・第1回SPI模試
スタートアップ講座・インターン
8月:
〇夏休み前進路ガイダンス
・第3回進路希望調査
スタートアップ講座・インターン
9月:
☆進路支援講座
・社会人就活体験談
スタートアップ講座・インターン
11月:
☆進路支援講座
・第2回SPI模試
12月:
☆進路支援講座
・履歴書
・マナー講座/服装
◇学内合同病院企業研究会
・ガイダンス&告知
1月:
〇進路ガイダンス
・第4回進路希望調査
2月:
◇学内合同病院企業研究会
☆進路支援講座
・公務員試験直前対策講座
4年次

病院実習で医療現場に
必要な力をつける

前期は臨地・臨床実習に行き、現場の空気を吸うことにより自分の将来像を描いて行きます。同時に就活が本格してきます。学部の進路支援委員会と大学の進路支援課が協働して提出書類の添削や面接トレーニングを繰り返し、合格できるようにバックアップします。

4月:
〇進路ガイダンス
・進路活動状況調査の説明
★学生面談/進路活動状況調査
8月:
〇夏休み前進路ガイダンス
★学生面談の告知
10月:
★学生面談/進路内定状況調査
3月:
★学生面談/進路内定状況最終調査

卒業後の進路


4年次に実施する臨地実習・臨床実習の受け入れ先として北陸3県で計55施設の医療機関から承諾を得ており、
本学部への期待の高さ、また医療機関が学生を評価し就職につながる機会の多さを物語っています。

医療保健学部卒業後の
予想される進路先


病院,診療所、 医療機器メーカー、 研究機関、 登録衛生検査所(臨床検査センター)、
体外診断用医薬品(検査薬)メーカー、 保健所、 公務員、 大学院進学 など

就職活動支援


相談時間 平日 8:30〜17:00
時間外でも適宜対応しています。

就職活動をするにあたって


本学の就職支援としては、2年次からガイダンスを行います。内容としては、SPI模試、進路希望調査、インターンシップ、社会人の体験談、履歴書作成、マナー講座等を準備しており、早い段階から自分がどういう進路選択をするのかを考えてもらいます。
その他、2月には学内合同病院・企業研究会にも参加してもらい、病院や企業の人事担当者から仕事内容など直接話も聞けます。 また、進路支援委員会の先生や進路支援課の職員が、個々の学生相談の対応も丁寧に行うのが特徴です。