トピックス

TOPICS

「のと鉄道株式会社との共同研究」について北國新聞で取り上げられました


研究活動 / 2021.11.10 update

本学では、2021年10月1日(金)より、のと鉄道株式会社と「のと鉄道観光列車における個人客の利用促進」に関する共同研究を開始しており、本共同研究に係る記事が2021年11月9日(火)付北國新聞(夕刊)及び11月10日(水)付北國新聞(朝刊)に掲載されました。

本共同研究では、研究代表者である本学経済経営学部の日下恭輔助教、藤本雄紀講師が中心となり、フィールドワークによる調査・分析を通して、のと鉄道の更なる魅力を発見し、ICTを活用してインターネット上で全国に向けて発信していきます。

さらに、本共同研究では「ICTの活用を通じた地域社会の課題解決」を大きなテーマに掲げ、のと鉄道の魅力を発信していくプロセスおよびノウハウを集積し、地域社会の魅力発信モデルのひとつとして体系化することで、他の地域連携事業への普及展開につなげ、地方創生に寄与することを目指します。

本共同研究に係る活動については以下のとおりです。

北陸大学とのと鉄道株式会社の共同研究について.pdf

 

◆掲載記事

北國新聞(夕刊) 2021年11月9日付

「のと鉄道と北陸大 共同研究 仮想空間に駅舎など再現」

北國新聞(朝刊) 2021年11月10日付

「のと鉄道の駅舎 仮想空間で再現 北陸大と共同研究」

研究活動の直近のトピックス

  • 経済経営学部  藤本 雄紀講師、日下 恭輔助教、田部田 晋助教がベストペーパー特別賞を受賞しました
    経済経営学部 藤本 雄紀講師、日下 恭輔助教、田部田 晋助教がベストペーパー特別賞を受賞しました
  • 株式会社Welloopと受託事業契約を締結
    株式会社Welloopと受託事業契約を締結
  • 医療保健学部 大工谷新一教授の記事が日本経済新聞に掲載されました
    医療保健学部 大工谷新一教授の記事が日本経済新聞に掲載されました
  • 医療保健学部 髙橋純子教授の輪島市と連携した「新たな救命体制モデル」が各種メディアで取り上げられました
    医療保健学部 髙橋純子教授の輪島市と連携した「新たな救命体制モデル」が各種メディアで取り上げられました