トピックス

TOPICS

経済経営学部 藤本研究室が産学連携の幼児・小学生向けプログラミングスクールに参画


研究活動 / 2021.09.06 update

経営経済学部の藤本講師は、共同研究を行っている一般社団法人FAPのほか、金沢工業大学、金沢STEAM研究会と共同で、プログラミングスクール「ふれて!あそんで!学べる!プログラミングクラブ。」を2021年10月2日から開講します。会場は明文堂書店 金沢ビーンズ内の「T-KIDSシェアスクール」で、コースは、4歳から小学2年生までが対象で、親子で参加する「ビギナーコース」と、小学3年~小学6年生までが対象のアドバンスコース」の2種類が用意されています。

藤本研究室では、ものづくりLabの運営を中心に活動しており、これまでも金沢市などの様々なプログラミング教室のサポートをしてきました。それらの経験を活かして研究室の学生やクリエイティブ研究会の学生が主体となって運営していきます。また、このスクールで使用する教材は、FAPとの共同研究「地域のプログラミング講師人材育成および教材開発」の研究成果を活用します。

 

https://www.dreamnews.jp/press/0000243397/?fbclid=IwAR3ut-ckNsiTl3QdNym4byBnJmJXu4MSxbeF9FvwLTD7SdzANmpwot5sQUQ

研究活動の直近のトピックス

  • 経済経営学部  藤本 雄紀講師、日下 恭輔助教、田部田 晋助教がベストペーパー特別賞を受賞しました
    経済経営学部 藤本 雄紀講師、日下 恭輔助教、田部田 晋助教がベストペーパー特別賞を受賞しました
  • 株式会社Welloopと受託事業契約を締結
    株式会社Welloopと受託事業契約を締結
  • 医療保健学部 大工谷新一教授の記事が日本経済新聞に掲載されました
    医療保健学部 大工谷新一教授の記事が日本経済新聞に掲載されました
  • 医療保健学部 髙橋純子教授の輪島市と連携した「新たな救命体制モデル」が各種メディアで取り上げられました
    医療保健学部 髙橋純子教授の輪島市と連携した「新たな救命体制モデル」が各種メディアで取り上げられました