トピックス
TOPICS

医療保健学部・佐藤妃映准教授が、公益財団法人北國がん基金の第34回研究助成対象者に選ばれました。

研究活動 / 2020.07.01 update

北國がん基金は、がんに関する学術的研究・医療の進歩を図るため、昭和61年11月27日、石川県知事の認可を受けて財団法人として発足し、平成25年7月1日に公益財団法人に移行しました。石川県内の研究者、医療従事者、保健医療関係団体等を助成、顕彰し、がん征圧に寄与することを目的としています。

 

佐藤准教授は、病理学・細胞診を専門としており、長年にわたり成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)に関する研究に従事しています。

これまで学び得た知識と経験を活かして、本研究課題『液状化検体細胞診法を用いたがんの分子病理学的検査への応用に関する研究』では、がんの診断に用いられている数種類のマーカーを用いて、種々の標本作製条件を比較検討し、がん遺伝子の保存状態に関する知見を得ることを目的としています。これより、検査の精度が高まり、がんの分子病理学的診断のための標準化された検査法につながるものと期待されます。

 

研究活動の直近のトピックス

  • 「輪島市との連携研究」について北國新聞に掲載
    「輪島市との連携研究」について北國新聞に掲載
  • 「災害時緊急医療手帳」について北國新聞に掲載
    「災害時緊急医療手帳」について北國新聞に掲載
  • 「北陸大学ものづくりLab」について多数のメディアに掲載
    「北陸大学ものづくりLab」について多数のメディアに掲載
  • 「北陸大学ものづくりLab」がオープン
    「北陸大学ものづくりLab」がオープン