国際コミュニケーション学部
国際コミュニケーション学科

HOKURIKU UNIVERSITY

教育ポリシー


1.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)

人材養成の目的に沿って、以下の要件を満たし、所定の単位を修得した者に、学士(文学)の学位を授与する。

<知識・理解>

  • 英語又は中国語の実践的な運用・コミュニケーション能力を身につけ、国際情勢と日本、特に北陸の魅力と強みを理解することができる。
  • 獲得した知識を活用することによって、経験したことのない状況においても物事の本質を捉えるための判断基準、すなわち知識の枠組みを身につける。

<態度・思考>

  • 留学や海外研修、海外インターンシップなどを通して、グローバル社会に飛び出そうとするチャレンジ精神を身につける。
  • 異文化を尊重し、違いを許容して、よりよい社会を目指して共生しようとする思考を身につける。

<汎用的能力>

  • 留学生との交流やフィールドワークでの協働体験、海外留学や海外研修、海外インターンシップを通じて、多様な文化的社会的背景を持つ人々と共生し、協働できる力を身につける。

<総合的な学習経験と創造的思考力>

  • 課題解決型学習(PBL:Problem Based Learning)やフィールドワークなどを通して、地域社会のリアルな課題に取り組み、正解のない問題に対しても獲得した知識を活用して考え抜く力を身につける。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)

国際コミュニケーション学部では、国際的視野と異文化への理解を涵養し、実践的な語学運用能力・コミュニケーション能力を獲得させ、日本及び外国の文化に対する専門的な知識を修得することにより、地域社会及び地域産業のグロール化に貢献し、語学力を通じて地域と世界をつなぐ人材育成を図るため、次の6点を基本として教育課程を編成する。

(1)
初年次には英語・中国語二言声を学修し、2年次以降はいずれかの言語を集中的に学ぶことで実践的な外国語の運用・コミュニケーション能力を段階的に向上させる体系的な教育課程とするとともに、外国語学修を通して異文化への知識と理解を積み上げて学修させる。
(2)
地域の活性化に寄与する文化・観光及び国際関係の専門知識と理解を積み上げて学修する。さらに領域間の関連性があり、学生の興味関心が深まるよう工夫された教育課程とする。
(3)
初年次を中心としてリテラシー(知識活用力、日本語リテラシー)を養成する科目を配置するとともに、アクティブ・ラーニングを重点的に導入する。
(4)
実践的な語学運用能力を高めるため、卒業までに全員が海外留学や海外研修に参加可能な教育課程とする。
(5)
課題解決能力の向上と協働経験のため、地域や国際社会をフィールドに、各領域が連係するプロジェクト型科目を配置する。
(6)
社会とのつながりを意識しつつ学修経験を振り返り、将来の目標を立てられるようになるためにキャリア科目を配置するとともに、社会人の素養として求められる基礎的な人文科学、社会科学、自然科学の科目を教養科目として配置する。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー:AP)

 地域社会及び地域産業のグローバル化に貢献し、世界と地域をつなぐことのできる語学力と国際感覚を持ったグローバル人材の養成を目指し、以下のような資質・能力・意欲を持った人を広く受け入れる。

・国際コミュニケーション学部が求める学生像

(1)
大学で学ぶことで、自らが成長し、将来の目標や展望を持ち、主体性を持つ自立した社会人になりたいという意思を持つ人
(2)
人とのコミュニケーションを大切にし、多様な人々との協働等によるさまざまな学修を通じて、地域の活性化に積極的に貢献したいと考える人
(3)
英語・中国語など外国語学修及び海外経験等に関心を持っている人
(4)
基礎的な学習を行っており、大学の授業を理解できるための日本語リテラシーを持つ人
(5)
基礎的な英語や中国語の外国語運用能力を持つ人

入学者選抜では、大学入試センター試験、個別学力検査、調査書、面接及び小論文などを組み合わせて志願者の能力や資質を総合的に評価する。
 入学後のコミュニケーション教育に十分に対応できる資質として、国際的な広い視野と外国語によるコミュニケーション能力を備えていることを重視する。そのため、外国語の基礎的な能力と文系科目(社会、国語等)の考え方や知識が必要であり、高等学校段階においてこれらの教科の履修が望ましい。