大学の概要

OVERVIEW OF THE UNIVERSITY

理事長・学長メッセージ


 少子高齢化社会、グローバル社会など、時代を読み解くキーワードはさまざまですが、どのような社会であっても大学はより良き社会の創造に貢献しなければなりません。時代を正しく捉え、常に改善に傾注する人材を輩出することで、その社会に寄与しなければなりません。それは私たちの揺るぎない使命です。
 北陸大学は2015(平成27)年に創立40周年を迎えました。これまで築いてきた伝統を守りつつ、これからの時代を見据えて何を変えていくべきか、社会は何を求めているのか、どのような人材が必要なのか、社会の変化、時代の要請を考え、2017(平成29)年度より新しい教育体制へシフトしました。
 そして、創立50周年である2025(平成37)年に向け、さらなる飛躍を遂げるために大切なことは「本物の教育力を持った大学になる」ということです。学生一人ひとりへのきめ細やかな教育により育て上げ、最後は社会が欲する人材として巣立つようにする。これが私たちの存在意義と捉え、2025年に本学は「学生の成長力No.1の教育を実践する大学となる」という長期ビジョン「北陸大学Vision50(by 2025)」を策定しました。
 この長期ビジョンを具現化するためには、法人と大学が一体となり、共通の現状認識に基づく一致した基本政策の策定及び推進が重要であることから、今後取り組むべく施策を第1期中期計画としてまとめました。
 地域・社会に求められる大学であり続けるために、本学は「学生の成長力No.1の大学になる」という目標に向かって変革に挑んでまいります。

理事長・学長  小倉 勤

学校法人北陸大学
長期ビジョン・第1期中期計画 概念図