トピックス

TOPICS

卓球部2名が「UNIVAS AWARDS 2023-24」マン・オブ・ザ・イヤーおよびサポーティングスタッフ・オブ・ザ・イヤー入賞!


クラブ・サークル / 2024.02.07 update

卓球部所属の高村 勇気さん(経済経営学部3年次生)と西岡 春喜さん(同2年次生)が「UNIVAS AWARDS2023-24」マン・オブ・ザ・イヤーの優秀賞と、サポーティングスタッフ・オブ・ザ・イヤーに入賞しました。

「UNIVAS AWARDS2023-24」5年目となる今回は、全国の加盟大学・競技団体より合計154件の応募が寄せられ、UNIVAS表彰委員会による厳正な審査の結果を経て、優秀賞、入賞者および団体が決定しました。

高村さんと西岡さんは2023年に卓球部の主将と主務を務め、部の発展と競技力向上に尽力した経験をレポートに記し、その内容が評価されました。

高村さんは、「卓球部と自分自身の活動を評価していただき、非常にうれしく思います。また、今回の経験を活かして、様々なことに挑戦していきたいです。」と、西岡さんは「入賞できたのはとても自信になりました。私は3年次生でも主務という職責を全うし、引き続き卓球部の発展に尽力していきたいです。」と意気込みを語ってくれています。

なお、優秀賞受賞者の表彰式が3月11日に品川インターシティホールで執り行われ、優秀賞受賞者を紹介するとともに、優秀者の中から最優秀賞の発表が行われます。

 

【関連リンク】

https://univas.jp/find/univas-awards/article/20240201889644/

 

https://img.univas.jp/uploads/2024/01/31190012/UNIVASAWARDS2023-24_AwardWinners_0.pdf

 

※「UNIVAS AWARDS」とは、競技成績のみならず、学業充実や安全安心、大学スポーツの盛り上げ等に著しい成果をあげ、大学スポーツの振興と参画人口拡大に向けて活動している「UNIVAS」の理念の体現に貢献した学生アスリートやスポーツに関わる学生、OB・OG、指導者、団体を選出し、大学スポーツ全体の活性化に繋げることを目的とした表彰制度です。
「UNIVAS AWARDS2023-24」マン・オブ・ザ・イヤーでは、文武両道を実践し、他の模範となる運動部学生を表彰され、サポーティングスタッフ・オブ・ザ・イヤーでは、運動部学生や運動部を支える活躍をした学生が表彰されます。

クラブ・サークルの直近のトピックス

  • 北大マネジメント塾が「コロナショックを乗り越える中小企業の特別な能力:ダイナミックケイパビリティとはなにか」国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)にて報告
    北大マネジメント塾が「コロナショックを乗り越える中小企業の特別な能力:ダイナミックケイパビリティとはなにか」国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)にて報告
  • 理学療法学科生が女子バスケ部にトレーニング指導
    理学療法学科生が女子バスケ部にトレーニング指導
  • 能登半島地震 内灘町災害ボランティアに参加
    能登半島地震 内灘町災害ボランティアに参加
  • 卓球部2名が「UNIVAS AWARDS 2023-24」マン・オブ・ザ・イヤーおよびサポーティングスタッフ・オブ・ザ・イヤー入賞!
    卓球部2名が「UNIVAS AWARDS 2023-24」マン・オブ・ザ・イヤーおよびサポーティングスタッフ・オブ・ザ・イヤー入賞!