トピックス
TOPICS

【重要】12月1日(火)以降の課外活動及び学内施設利用の基本方針等について

ニュース / 2020.11.26 update

2020年11月25日

 

各クラブ・同好会顧問・指導者 各位

学生 各位

学生部長

 

【重要】12月1日(火)以降の課外活動及び学内施設利用の基本方針等について

―新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意点―

 

各クラブ構成員の皆様におかれましては、標記の件につき、公認クラブ・同好会の活動及び学内施設の利用について、実状に沿った内容に一部変更し、下記のとおり12月1日以降の基本方針を決定いたしましたので、厳守いただきますようお願いします。

なお、今後の状況を注視し、基本方針の内容、実施期間などについては検討いたしますが、皆様の健康並びに安全第一を最優先していますので、感染予防に対するこれまで以上の御理解・御協力をお願いします。

また、文中にあります課外活動における「遵守事項」及び「留意事項」を必ず御確認いただきますよう重ねてお願いします。

 

 

期  間:2020年12月1日から12月31日まで

※ただし、期間満了の時点で、新型コロナウイルス感染症に関する社会状況に大きな変化がない場合は、同一条件をもって、さらに1か月更新されるものとし、その後も同様とします。

 

【課外活動における自粛対象の活動】

1.国外への合宿及び宿泊を伴う活動

2.国外及び県外の「感染流行地域」への遠征

3.国外及び県外の「感染流行地域」への各種大会の参加

4.国外及び県外の「感染流行地域」への練習試合を含む対外試合

5.参加者同士の濃厚接触の可能性が高いイベント(懇親会含む)の実施、参加

※延期可能な活動、イベント等については、極力ご対応お願いいたします。

※石川県が、「感染流行地域」に該当した場合は、他県への移動や行事・イベント等の参加は自粛してください。なお、「感染流行地域」は上記1~5の課外活動実施前日の発表を基準として許可します。したがって、課外活動実施前日発表時、「感染流行地域」に相当した場合は、1~5の活動はすべて中止とします。

【課外活動における段階的に許可する活動】

1.国内の「感染流行地域」以外の合宿及び宿泊を伴う活動

2.国内の「感染流行地域」以外の遠征

3.国内の「感染流行地域」以外の各種大会への参加

4.国内の「感染流行地域」以外の練習試合を含む対外試合

※1~4については、合宿や遠征等のスケジュールを活動届と一緒に事前に提出してください。宿泊形態(原則1人部屋)、移動スケジュール、休憩場所や時間(1時間に1回は休憩をとること)、食事の場所等、無理のない感染症予防体制に考慮したスケジュールの作成をお願いします。併せて、実施結果が確認できるようにしてください(チェック欄を設けるなど)。

※但し、石川県が、「感染流行地域」に該当した場合は、他県への移動や行事・イベント等の参加は自粛してください。なお、「感染流行地域」は上記1~4の課外活動実施前日の発表を基準として許可します。したがって、課外活動実施前日発表時、「感染流行地域」に相当した場合は、1~5の活動はすべて中止とします。

5.本学学生以外の練習等への参加や施設の利用

※但し、国外及び国内の「感染流行地域」からの参加者及び参加団体等を受け入れることは自粛してください。「感染流行地域」については、「感染流行地域」については、別紙「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた学外行事及び課外活動等の活動制限について(2020年8月17日付)」をご参照ください。

※学外者と練習試合等を行う場合は、学外者にも検温、体調確認を必ず行うこと。活動参加者の体調管理を徹底することは勿論、発熱や少しでも身体のだるさや風邪の兆候があれば、その者は、活動に参加させず、本学の部員等と接触させないこと。

【学内施設の利用について】

1.松雲記念講堂

①原則、公認クラブ・同好会の指導者が、立会いできる活動のみの利用を許可し、一般学生の利用(授業を除く)は原則禁止とする。

②利用については、従来の「割当制」とし、変更や割当外での利用は、事前に「学内施設使用申請書」を提出することが必要である。

トレーニングルーム、柔道場*1 以外のアリーナやスタジオ、ランニングロードなどでの「指導者の立会い」は、指導者によるコロナ対策と安全面の指示、確認がなされている活動について、指導者が館内または学内在中で、緊急時にすぐに対処できる状態とする。

*1:室内では指導者の立会が必要。

④トレーニングルームの利用は、公認クラブ・同好会に所属の学生のみとし、1回当たりの利用時間を制限(90分以内)し、利用人数の制限(10人以内)を設ける。利用者は講堂受付の利用簿に必要事項を必ず記入し利用すること。手指及び使用器具の消毒などコロナ対策は各自で必ず行うこと。立会は、従来同様に施設管理担当者が担当する(ただし、施設管理担当者がいる場合は上記③の指導者の立会いは無くてもよいが、休館日など施設管理担当者不在時は指導者の立会が必要)。

⑤休館日(土・日・祝・一斉休業日など)の利用については、従来同様事前にクラブ単位で「学内施設使用申請書」を必ず事前に提出すること(利用時は指導者の立会いが必要である)。

2.コミュニティーハウス(本館・別館・スタジオ)

利用に関しては、事前に「学内施設使用申請書・計画書」を必ず提出すること。

3.薬学体育館、フットボールパーク、太陽が丘グラウンド、屋内スポーツフィールド

利用に関しては、事前に「学内施設使用申請書・計画書」を必ず提出すること。

※1.1~3について原則、指導者による判断の上利用可能とする。

※2.3密にならないように、①冬季においても、換気等を十分に行うこと(特に屋内施設設)、②練習時間を分けるなど、出来る限り大人数での活動を行わないなど工夫すること。

【遵守事項について】

1. 松雲記念講堂、薬学体育館、屋内スポーツフィールド、フットボールパーククラブハウスなどすべての体育施設及び課外活動施設を利用して練習等おこなう場合は、30分に1回以上の換気を行ってください。

2. 施設や部室等に出入りする場合や在室中は、窓や出入り口を開けて十分に換気してください。また、多人数が同時に利用することのないようにしてください。

3. 練習、ミーティング等で教室を利用する場合、できるだけ大きな教室を使い、必ず30分に1回以上換気を行ってください。

4.すべての活動については、原則、指導者の立会いの下、行ってください。

※松雲記念講堂のトレーニングルーム、柔道場*1 以外(アリーナやスタジオ、ランニングロード、薬学体育館やコミュニティーハウスなど)での「指導者の立会い」は、指導者によるコロナ対策と安全面の指示、確認がなされている練習活動について、指導者が学内在中で、緊急時にすぐに対処できる状態とする。

*1 室内では指導者の立会が必要。

5.学内施設を利用する場合は、従来同様に学内施設利用申請や活動予定などの関係書類を期限厳守で学生課に提出すること。届出がない場合は、施設を利用することが出来ません。 ※既定の2020年度公認クラブ体育館使用割当て分の提出については不要。

【留意事項について】

1. 毎日、部員は練習参加時、活動状況と体調や体温を顧問・指導者に報告し、記録するなどの健康管理を必ず行ってください(練習ノートを学生が作成し、体調を自己管理することも練習の一環として積極的に取り入れるなど)。特に、寮など生活環境が同一の部員については、クラスターとなる可能性が高くなりますので、指導者の方は、部員の意識に関する指導等厳重に行うようにしてください。

2. 部員に少しでも身体のだるさや風邪の兆候があれば、顧問・指導者は練習活動を休ませるとともに、当該部員の経過状況(体温経過等)を電話で報告させ、他の部員と接触させないようにしてください(毎日の体調の自己管理)。

〇参考:県民向けの相談窓口 石川県感染拡大防止県民相談センター

℡076-225-1921  9時~18時(土日祝祭日含む)

3.練習活動の前後はもちろん、普段の生活においても、①手洗い(手指消毒)、②うがい、③マスクの着用(咳エチケット)等を心がけてください。体育系のクラブについては、できるだけ体力温存を心がけ、普段以上に栄養・休養をしっかりとってください。

なお、移動時のマスク必携は勿論のこと、喉が乾燥しないよう水分補給をしてください。

4. 今後の「新型コロナウイルス感染拡大」への対応は、①感染しているという前提で行動をする、②飛沫感染を防ぐ目的でマスクを必ず着用する、の2点です(常に周りに拝領する行動)。課外活動は「禁止」ではなく、状況に応じた対応が求められる中、安全第一を常に考えて行動してください。

以 上

ニュースの直近のトピックス

  • 【重要】12月15日(火)以降の教育活動等と新型コロナウイルス感染拡大防止の注意事項について
    【重要】12月15日(火)以降の教育活動等と新型コロナウイルス感染拡大防止の注意事項について
  • 【重要】 冬季期間の注意喚起について
    【重要】 冬季期間の注意喚起について
  • 入国規制緩和後初めて、留学生が登学開始
    入国規制緩和後初めて、留学生が登学開始
  • 卒業生からペダル式消毒液スタンドのご寄贈
    卒業生からペダル式消毒液スタンドのご寄贈