PAGE TOP

薬学部 薬学科

臨床の現場で輝く「人に寄り添える薬剤師」を育てる

薬学部では医療人としての薬剤師にふさわしい倫理観、使命感、責任感及び高度な薬学の知識・技能を身につけ、臨床の現場で実践的な能力を発揮できる薬剤師を養成します。

学部・学科の特徴(学びのポイント)

医療現場に即した実習施設・設備で、実践的な教育を展開

医療現場をリアルに再現した模擬病棟(MTR)、調剤や患者対応も実践できる模擬薬局(PTR)に加え、本格的な無菌製剤室も設置。高度化・複雑化する薬剤師の業務に対応できる設備で臨床知識と技能を身につけます。
MTR…Medical Training Room PTR…Pharmacy Training Room

西洋と東洋の医薬学が学べる

これからの医療に大きな発展が期待される先進の西洋医薬学と東洋医薬学の融合。そのことに開学当初から注目してきた本学では、東洋医薬学を専門とする中医師が専任教員として専門的な教育を行っています。
中医師…中国の伝統医学である中医学を実践する医師

専門性を高める3つのコースを設置

4年次までに身につけた薬学の知識を土台として、5年次からは「高度医療薬剤師コース」「東洋医薬学コース」「健康医療薬学コース」のいずれかを1つ選択し、コース別演習でより専門性を高めます。

薬学部の6年間の学び

6年間の薬学教育を通して、医療人として必要な高い倫理観と使命感、豊かな人間性を育み、高度な専門知識と技能、臨床の現場で求められる実践力を総合的に身につけていきます。

1〜2年次

医療人としての心構えと幅広い教養、薬学の基礎を学ぶ

 1年次は医療人 としての心構えと幅広い教養、薬学の基礎を学びます。2年次からは、実習系科目での基礎的な実験を通して、サイエンスとしての薬学を学びます。また、早期体験学習では、医療人に必要な思いやりの心を育みます。

3〜4年次

医療系科目で専門知識を身につけ、実務実習に備える

 医薬品をはじめ、生薬、東洋医学等幅広い分野で、薬学の高度な知識を身につけます。また、人体解剖学習等で生命の尊さや医療倫理について考えます。5年次からスタートする実務実習に備え、医療現場で求められる専門知識を学びます。

薬学共用試験

4年間の学修成果を評価

 5年次からの実務実習に必要な知識・技能・態度が身についているかを全国の大学で統一された試験で評価します。4年次の終わりに知識を評価するCBT と、技能・態度を評価するOSCE を受験し、一定の基準をクリアすることが必要です。

コース教育

コース教育

 実務実習とは別に薬学の学びを深める3つのコースから最も興味1つ選択し、多様化する医療現場で求められる専門知識を修得します。

高度医療薬剤師コース

がんや感染症、生活習慣病等の分野において高度な知識を持ち、医療の最前線で活躍する専門薬剤師をめざします。

東洋医薬学コース

中国の姉妹 校との連携教育により、西洋医薬学に加え漢方薬や鍼灸学等の東洋医薬学にも精通した薬剤師をめざします。

健康医療薬学コース

健康予防医学に重点を置き、サプリメントや健康補助食品と医 薬品との相互作用等に精通した薬剤師をめざします。

5年次 実務実習

病院と薬局で薬剤師業務に携わり、理解を深める

 5年次に行う病院と薬局での実務実習では、現場の薬剤師の指導のもとで実際に薬剤師業務に携わり、薬剤師の仕事について理解を深めます。病院・薬局それぞれにおける「チーム医療」を学びます。

5・6年次 総合薬学研究・演習

基礎・専門・臨床を融合させ、卒業研究に取り組む

 5年次から研究室に所属して総合薬学研究(卒業研究)に取り組み、論理的思考力と創造的精神を養います。6年次には、薬剤師として真の役割を果たすために必要な知識・技能・態度を総合的にブラッシュアップし、卒業に備えます。

薬剤師国家試験

6年間の集大成として、国家試験合格をめざす

 医療の高度化、多様化および医薬分業が進む今、「薬剤師国家試験」は薬剤師に求められる幅広い能力を問う内容となっています。6年間の学修の集大成として、2日間にわたって7科目の試験に臨み、合格をめざします。

教育方針

教育方針

3つのポリシー

薬学部では、建学の精神に基づき人材育成の目的を達成するための方針として、3つのポリシーを定めています。

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

人材養成の目的を達成するために主体性をもって勉学に励むことができる以下のような学生を広く求める。

  1. 自然や生命への強い関心と探究心を持つ人
  2. 人を思いやる心と協調性を持って取り組むことができる人
  3. 薬剤師として医療福祉や健康増進に国内外で貢献したいという熱意のある人
  4. 何事にも積極的に取り組むことができる人

教育課程編成方針(カリキュラムポリシー)

「薬学教育モデル・コアカリキュラム」及び「実務実習モデル・コアカリキュラム」に準拠した教育を行うとともに、以下のとおり幅広く深い教養及び総合的な判断力を培い、医療人としての豊かな人間力を育てることを第一とした薬学教育を行う。

  1. 医療人としての自覚と人間性(倫理観、使命感、責任感)を持ち、人としての優しさや思いやりの心、豊かな人間力を育てるための教養教育を行う。
  2. 薬を理解するために、最新の科学に基づいた薬学教育を行う。
  3. 全人的な医療を目指す統合医療に精通した医療人を養成するため、西洋医薬学と東洋医薬学の正確な知識・技能を培う教育を行う。
  4. 実践的な能力を持つ薬剤師を育成するための薬学教育を行う。
  5. コース別科目「高度医療薬剤師演習」「東洋医薬学演習」「健康医療薬学演習」を設け、各自の進路に応じた高度な演習を行う。
  6. 科学的根拠に基づいた問題解決能力を養うため、各研究室に学生を配属し、研究課題を通して、少人数による総合薬学研究を行う。
  7. 薬剤師として必要な知識・技能、態度を総合して発揮できるよう総合薬学演習を行う。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

人材養成の目的に沿って、以下の要件を満たし、所定の単位を修得した者に、学士(薬学)の学位を授与する。

  1. 医療人としての倫理観を身につけていること
  2. 医療の一翼を担う人材として、確かな知識・技能、コミュニケーション力を身につけていること
  3. 諸問題の解決に向けて、修得した知識・技能等を実践的に活用できること

学びの流れ

1年次

医療人としての自覚を持ち、幅広い教養と薬学の基礎を学ぶ。

薬学入門
医療と薬学の歴史、薬剤師の職能と社会的使命について学び、薬剤師としての使命感を身につける。
化学・生物学・物理学
薬学の専門知識の土台をつくるため、基礎を固める。
有機化学・無機化学
化学物質を理解するために、化合物の構造、性質等について学ぶ。
物理化学
物質の物理的性質を理解するために、原子・分子の構造、熱力学、反応速度論等の基本的事項を学ぶ。
生化学
生命現象を細胞レベル、分子レベルで理解するため、細胞の成り立ち、構造、機能について学ぶ。
薬用植物学
医薬品として利用される自然界に存在する物質について学ぶ。

※履修科目は一例であり、主な科目のみ記載しています。

2年次

薬学の基礎をさらに強化し、実習を通して理解を深める。

薬理学
医薬品の作用するしくみを理解するため、化学構造と薬効等について学ぶ。
機能形態学
人体の成り立ちを理解するため、人体の構造、機能、調節に関する基本的事項を学ぶ。
病態生理学
身体の病的変化から疾病を推測できるように、代表的な症候、病態・臨床検査について学ぶ。
環境健康学
人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献するため、現代社会における疾病と予防、栄養と健康について学ぶ。
分析化学
化学物質の分析法の原理や応用について学ぶ。
微生物学
病原微生物に関する基本的な事項を学ぶ。

※履修科目は一例であり、主な科目のみ記載しています。

3年次

医療系科目が増え、実験や実習で実践的な力を身につける。

薬剤学
薬物の体内動態を理解し、個々の患者の投与設計をするため、薬物の体内動態と解析に関する基本的知識を修得する。
薬物治療学
代表的な疾患とその症状、それらに対する治療方法や使用する薬物、患者情報に応じた薬の選択をするための知識を学ぶ。
衛生化学
食生活が健康に与える影響を科学的に理解するため、栄養と食品機能、食品衛生、地球生態系や生活環境と健康との関わり等について学ぶ。
人間学
生命・医療に係る倫理観を身につけ、医療の担い手としての感性を養う。
医薬品開発論
医薬品の開発から承認までのプロセス、医薬品と医療の経済性について学ぶ。
薬学英語・医療英語
専門的な文献や論文を読み解くために必要な英語を学ぶ。

※履修科目は一例であり、主な科目のみ記載しています。

4年次

専門性をさらに高め、実務実習に必要な知識・技能・態度を身につける。

医療薬学
地域の保健、医療、福祉、薬局及び薬剤師の役割を理解し、連携体制、地域包括ケア、在宅医療、学校薬剤師、災害時の薬局の役割について学ぶ。
薬事関係法規・制度
保健・医療・福祉に係る法規範・制度を学ぶ。
実務事前学習
臨床現場で必要な心構えと態度を学び、技能を習得する。
4年間の学修を評価する「薬学共用試験」
5年次からの実務実習に必要な知識と技能・態度が身についているかを評価する全国の大学で統一された試験。4年次の終わりに知識を評価するCBT と技能・態度を評価するOSCE を受験し、一定の基準をクリアすることが必要です。

※履修科目は一例であり、主な科目のみ記載しています。

5年次

病院・薬局での実務実習により、医療現場に必要な力を身につける。
卒業研究に取り組み、論理的思考力と創造的精神力を養う。

総合薬学研究(卒業研究)
研究室に所属して卒業研究に取り組み、問題発見・解決能力を身につけ、現象を客観的に捉える観察眼と論理的な思考力、新たな課題にチャレンジする創造的精神を養います。研究の過程では、法規範を遵守して取り組むことの大切さを学び、知識や技能を総合的に活用する力とともに、プレゼンテーションの方法と論文のまとめ方を学びます。
病院実習(2.5カ月)
指導薬剤師のもと、調剤業務や病棟業務等に参加します。病棟ではベッドサイドでの服薬指導、医師や看護師、他の医療職が連携して行うチーム医療を学びます。
薬局実習(2.5カ月)
指導薬剤師のもと、医師の処方せんに基づいた調剤や患者さんへの服薬指導を行います。在宅医療や介護等の地域におけるチーム医療への参画についても学びます。

実習先医療機関(例)

石川県
金沢医科大学病院 / 金沢大学附属病院 / 金沢医療センター / てまり薬局 / はなの木薬局 / あおぞら薬局 等
富山県
富山大学附属病院 / 富山赤十字病院 / 富山労災病院 / 富山県立中央病院/あすか薬局 / チューリップ薬局 等
福井県
福井大学医学部附属病院 / 福井厚生病院 / 福井県済生会病院 / エンゼル調剤薬局 / 水仙薬局 等

6年次

基礎・専門・臨床を融合させ、総合薬学研究を完成させる。
卒業に向けて、知識・技能、態度の総合的な向上を図る。

総合薬学演習
多様かつ複雑な医療現場において、薬剤師がチーム医療の一員として真に役割を果たすために必要な力を6年間の総まとめとして総合薬学演習で養います。
薬剤師国家試験
厚生労働省の管轄のもと6年制薬学教育を修め受験することを原則とし、2日にわたり「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「病態・薬物治療」「法規・制度・倫理」「実務」の7科目から出題される345問を解答します。
 

教育概要

薬学部の教育概要(PDF)です。

教務日程

薬学部の教務日程(PDF)です。

シラバス

シラバス(講義概要)は下のリンクからゲストユーザーでログインし、検索してください。