北陸大学トップ

研究

私立大学研究ブランディング事業

私立大学研究ブランディング事業
「北陸地方の生薬研究と食文化を基盤とした健康と創薬イノベーション」
RESEARCH

事業概要

北陸地方は生薬等の研究に特色があり、海産物資源も豊かで独自の食文化の発展を遂げた地域である。本学は、開学以来これまで東洋医薬学、予防・健康薬学を重視し研究活動を行っている。本事業では、北陸地方由来の薬用植物や自生植物、生薬、伝統的食材等を出発材料とし、より効果のある物質を探索することに主眼をおき、新たな商品開発と創薬研究を構築し健康寿命の延伸や在宅医療等の生活の質向上に寄与することを目的とする。

事業内容・事業実施体制・年次計画

事業成果

平成29年3月30日に、第一回成果報告会を開催しました。

「私立大学研究ブランディング事業」について

 北陸大学は文部科学省の実施する平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」の支援対象校に選定されました。
 同事業は、学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学等に対し、経常費・設備費・施設費が一体として重点的に支援されるものです。
 支援対象校の選定は、タイプA(地域の経済・社会、雇用、文化の発展や特定の分野の発展・深化に寄与する研究)、タイプB:(先端的・学際的な研究拠点の整備により、全国的あるいは国際的な経済・社会の発展、科学技術の進展に寄与する研究)毎に行われ、本学はタイプAに選定されました。