資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

小宮 智義

小宮 智義

専門

  • ウイルス学
  • ワクチン学
  • 微生物学
  • 人獣共通感染症

主な担当科目

  • 臨床微生物学
  • 寄生虫学
  • 基礎ゼミナール

所属学会

  • 日本ウイルス学会
  • 日本感染症学会(評議員)
  • 日本比較臨床医学会(評議員)
  • 日本ワクチン学会
  • 日本小児感染症学会
  • 日本臨床微生物学会

趣味

  • 神輿を担ぐ(神輿会の会長です)
  • 旅行
  • ゴルフ(最近はあまりやってない)
  • 寝ること

私の考えていること

抗菌薬の出現によって感染症の脅威は終わると言われた時もありましたが、近年は、薬剤耐性菌の出現、日本で50数年ぶりのデング熱の流行、そしてジカウイルス感染症の世界的流行など、新興再興ウイルス感染症の出現頻度も多くなってきています。また、麻疹(はしか)は感染力の強さから、日本国内における集団感染もニュースで報じられています。感染症に国境はなく、世界的な対策が必要であり、例えば薬剤耐性菌に対する予防および治療対策として、我が国でも国をあげて対策が始まっています。一方で、身近な感染症として、愛玩動物からヒトへ感染する、人獣共通感染症も話題になってきています。感染症の制圧にむけては予防、診断そして治療の中で、感染症を診断できる、直ちに病気を確定できることが重要になります。大学4年間の中では、あまり詳細な話はできないと思いますが、往々にして近視眼的に成果が求められる時代の中、皆さんが現場に出て即戦力として働き、また次世代を担うためにも、最新の話題を交えながら感染症や微生物などを紹介していきます。

高校生へのメッセージ

将来何になりたいか、どんな職業をしたいかを考えている人には、臨床検査技師、臨床工学技士って一体何をする職業なのか?と思うこともあるでしょう。テレビドラマの主人公にはなりにくい職業かなと思いますが、医療技術者として、医師や看護師らと一緒に病気に立ち向かうチーム医療の一員として働き、臨床と研究を行いながら命の尊さを北陸大学で学びましょう。

おすすめの本

  • ウイルスの正体を捕らえる-ヴェーロ細胞と感染症 清水文七著 朝日選書
  • ドンネルの男・北里柴三郎(上下) 山崎光男著
  • 大村智-2億人を病魔から守った化学者 馬場錬成著 中央公論社

ホームページ