トピックス
TOPICS

藤岡ゼミ 高校が地域にもたらす経済波及効果を試算

経済経営学部 / 2020.01.16 update

2019年度大学コンソーシアム石川 地域課題研究ゼミナール支援事業(石川県委託事業)に採択された経済経営学部・藤岡慎二教授のゼミ活動「高等学校が地域にもたらす経済波及効果の調査と発信」が行われています。

本活動では、能登高校魅力化プロジェクトの一環として、能登町ふるさと振興課地域戦略推進室と協働し、2011年に能登高校が存続したことでもたらされた経済的影響をヒアリングやアンケート、そして合成コントロール法などの手法で調査しました。子育て世代の人口流出なども推測すると10年間で約20億円の経済効果が生まれることを試算し、この活動から、町の教育環境を整え、子供たちの学びの場を守ることが地域の活性化にとって大きな意味を持つことを証明しました。

合成コントロール法:課題に対し、仮に地域が政策を行っていた場合にどうなっていたのかを、他地域のデータを合成することによって仮想的な値を推計し把握する手法

経済経営学部の直近のトピックス

  • 経済経営学部 武田幸男教授の最終講義を開催
    経済経営学部 武田幸男教授の最終講義を開催
  • 藤岡ゼミ 高校が地域にもたらす経済波及効果を試算
    藤岡ゼミ 高校が地域にもたらす経済波及効果を試算
  • 経済経営学部第2回FD研修会開催
    経済経営学部第2回FD研修会開催
  • 森永製菓㈱北陸支店との課題解決授業中間発表会と実地調査
    森永製菓㈱北陸支店との課題解決授業中間発表会と実地調査