トピックス
TOPICS

健康長寿総合研究グループは、研究進捗状況に関する報告会を開催しました。

研究活動 / 2019.09.27 update

2019年9月17日(火)に薬学キャンパスで、「健康長寿総合研究グループ(Hokuriku University Healthy Aging Research Group)」は、分子設計化学部門、分子薬理学部門、先進健康科学部門の各部門から研究の進捗状況を発表し、意見交換を行いました。

発表テーマ、発表者は以下のとおりです

 

①「フラバノンによるロコモティブシンドロームの予防もしくは治療に向けたチャレンジ」

分子薬理学部門 高橋達雄(薬学部 准教授)

②「ポリフェノール化合物(フラバノン,カルコン,スチルベン)の合成と抗酸化作用について」

分子設計化学部門 鈴木宏一(薬学部 准教授)

③「F2aによる破骨細胞分化抑制の機序」「加賀野菜で花粉症を予防する」

分子薬理学部門 高橋寿明(薬学部 教授)

④「災害食の提案」

先進健康科学部門 髙橋純子(医療保健学部 准教授)

⑤「健康長寿に役立つ天然物素材の研究」

先進健康科学部門 大黒徹(薬学部 教授)

研究活動の直近のトピックス

  • 薬学部6年生宮原さんが日本薬学会北陸支部第131回例会にて優秀発表賞を受賞
    薬学部6年生宮原さんが日本薬学会北陸支部第131回例会にて優秀発表賞を受賞
  • 「Matching HUB Kanazawa 2019」にブース出展しました
    「Matching HUB Kanazawa 2019」にブース出展しました
  • Matching HUB Kanazawa 2019に出展します
    Matching HUB Kanazawa 2019に出展します
  • 野辺地町と研究交流会を実施しました
    野辺地町と研究交流会を実施しました