トピックス
TOPICS

海外研修レポート カンボジア班

国際交流 / 2019.08.26 update

8月15日(木) 地雷処理の実地研修

認定特定非営利法人 日本地雷処理を支援する会(JMAS)が、バンテアイミアンチェイ州マライ郡地雷処理現場にて行う、「地雷処理を伴う地域開発促進事業(PCD:Promotion of Community Development with Demining)」の実地研修に臨みました。本研修には、パンニャサストラ大学バッタンバン校の学生4名も参加し、研修後意見交換会を実施しました。

8月16日(金) 学内募金で文房具をプレゼント

昨年度の研修で訪問したバンテアイミアンチェイ州マライ郡の小学校を訪問し、児童130名に、本学での募金活動で集めた390ドルで、文房具をプレゼントしました。同校は、日本地雷処理を支援する会(JMAS)が実施する「安全な村つくり事業※」で「コマツ・アクピワット小学校」に建て替えられました。また、パンニャサストラ大学シェムリアップ校の松岡秀司先生の監修・指導の下、パンニャサストラ大学バッタンバン校の学生4名とともに、科学実験教室を行いました。

※地雷処理車を提供するコマツからの資金提供を受けて実施する事業

8月19日(月) 寄付品贈呈式

参加学生が教育ボランティアに従事するトンレアップ小学校に、学内で集めた寄付品を寄贈しました。今年は、富山市立奥田北小学校の児童の皆さんが集めてくれた文具や、本学サッカー部が指導するFC北陸Under12の子供たちからいただいたサッカー用品など、多数の寄付品を届けることができました。

国際交流の直近のトピックス

  • MOGUMOGUで国際交流イベントを開催
    MOGUMOGUで国際交流イベントを開催
  • 海外研修レポート 平成遣中使スポーツ交流団班
    海外研修レポート 平成遣中使スポーツ交流団班
  • 海外研修レポート 中国班(薬学部、医療保健学部)
    海外研修レポート 中国班(薬学部、医療保健学部)
  • 海外研修レポート カンボジア班
    海外研修レポート カンボジア班