トピックス
TOPICS

福江准教授 立山信仰儀式「布橋灌頂会」の雅楽演奏に関する新説を発表

 富山県立山町の芦峅寺(あしくらじ)に伝わる儀式「布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)」において、これまで取り入れられた時期が分かっていなかった雅楽の導入が、幕末の1866年だったとする説を、国際コミュニケーション学部の福江充准教授が発表しました。
 論文は本年度発行の北陸大学紀要に掲載されています。


論文名:布橋灌頂会(日本ユネスコ「未来遺産」登録行事)と雅楽の関係 




(参考) 布橋灌頂会について:



▼2017年1月7日 北日本新聞
Scan_1月-9-2018-11-25-16-493-AM.png

国際コミュニケーション学部の直近のトピックス

  • クリスマスイベントを開催
    クリスマスイベントを開催
  • 国際コミュニケーション学部入学前教育を開催
    国際コミュニケーション学部入学前教育を開催
  • 日本シリア友好協会ムハンマド・シハブ会長がシリアの現状を語る
    日本シリア友好協会ムハンマド・シハブ会長がシリアの現状を語る
  • NHK元解説委員 山内聡彦氏がロシアの現状を語る
    NHK元解説委員 山内聡彦氏がロシアの現状を語る