先生方の全力サポートに支えられた4年間。確かな成長を実感。

就職女子 / 2017.01.17
水野 花菜

インタビューは2017年1月 在学時におこなっています。

北陸大学に入学したキッカケや、入学後の感想は?

好きな英語を学べる大学

もともとは国立大学志望だったのですが、受験に失敗し、自分が好きな英語を学べる大学を探しているときに北陸大学に出会いました。 海外にたくさんの提携校があり、様々な経験ができることを知って入学を決めました。

英語に触れる毎日

英語の授業が10人ほどの少人数クラスで行われている点は魅力的です。週に何度もネイティブの先生の授業があるので、英語にはたくさん触れることが出来ます。もちろん日本人の英語教員による授業もあるので、ネイティブ教員・日本人教員によるバランスのとれた英語教育を受けることができます。

親身なってくれる先生方の支え

北陸大学は、先生とのコミュニケーションがとりやすいという点に魅力があると思います。私自身、就職活動では本当にたくさんの先生方にお世話になりました。自己PRが書けずに悩んでいた時も、先生に相談に乗っていただいたり、他己分析をしていただいたりしました。これは先生が普段から私のことをよく見てくださっていたからこそできたことだと思います。

卒業後について

損害保険会社に内定

私が就職する会社は、損害保険会社です。保険とは目に見えない商品であるため、それらを販売するためにはお客様との信頼が大切になってくると考えています。今は、これから働いていくために必要な資格の取得に向けて、研修を受けたり勉強をしたりしています。実際に就職してからは、いち早く仕事を覚え、保険を通してお客様を親身になってサポートできるような社員になりたいと思っています。

小さな約束を確実に

今後の目標は地元に貢献できるような社会人になることです。保険会社は本当に信頼が大切になってきます。小さな約束を確実に守り、お客様との信頼関係を確実に築き上げていき、会社からも安心して仕事を任せられるような存在になりたいと思っています。

これから北陸大学を目指す高校生に向けて

北陸大学は、本当に良い大学だと私は自信を持って言えます。なぜなら、頑張る学生に対しては、先生方が全力でサポートしてくださる体制が整っているからです。私自身もこの大学に来て、たくさんの先生方や職員の方々にお世話になり、成長することが出来ました。明確な目標はまだないけれど「語学が好き、頑張りたい」という高校生には是非入学してほしいと思っています。受験勉強は確かに大変ですが、自分の行きたい大学に行けるよう精一杯頑張ってください!