奨学金

SCHOLARSHIP

2020年度 奨学金制度
薬学科 薬学科


一般選抜、大学入試センター試験利用者選抜の成績上位者は国立大学並みの学費で学べます。

特待生奨学金(Ⅰ種)

薬学部/学費納入金 特待生奨学金(Ⅰ種)
単位:円
1年次 2年次以降
入学金 授業料 教育充実費 授業料 教育充実費
前期 200,000 725,000 250,000 1,175,000 725,000 250,000 975,000
後期 - 725,000 250,000 975,000 725,000 250,000 975,000
1年次 合計/2,150,000

特待生奨学金(Ⅰ種) -1,350,000
受給者納入金 合計/800,000
2年次以降 合計/1,950,000

特待生奨学金(Ⅰ種) -1,350,000
受給者納入金 合計/600,000

・保護者会費(松雲友の会会費)年額25,000円、同窓会入会金20,000円が別途必要です。

特待生奨学金(Ⅱ種)

薬学部/学費納入金 特待生奨学金(Ⅱ種)
単位:円
1年次 2年次以降
入学金 授業料 教育充実費 授業料 教育充実費
前期 200,000 725,000 250,000 1,175,000 725,000 250,000 975,000
後期 - 725,000 250,000 975,000 725,000 250,000 975,000
1年次 合計/2,150,000

特待生奨学金(Ⅱ種) -750,000
受給者納入金 合計/1,400,000
2年次以降 合計/1,950,000

特待生奨学金(Ⅱ種) -750,000
受給者納入金 合計/1,200,000

・保護者会費(松雲友の会会費)年額25,000円、同窓会入会金20,000円が別途必要です。

AO奨学金

薬学部/学費納入金 AO奨学金
単位:円
1年次 2年次以降
入学金 授業料 教育充実費 授業料 教育充実費
前期 200,000 725,000 250,000 1,175,000 725,000 250,000 975,000
後期 - 725,000 250,000 975,000 725,000 250,000 975,000
1年次 合計/2,150,000

AO奨学金 -200,000
受給者納入金 合計/1,950,000
2年次以降 合計/1,950,000

AO奨学金 -0
受給者納入金 合計/1,950,000

・保護者会費(松雲友の会会費)年額25,000円、同窓会入会金20,000円が別途必要です。

経済支援奨学金

薬学部/学費納入金 経済支援奨学金
単位:円
1年次 2年次以降
入学金 授業料 教育充実費 授業料 教育充実費
前期 200,000 725,000 250,000 1,175,000 725,000 250,000 975,000
後期 - 725,000 250,000 975,000 725,000 250,000 975,000
1年次 合計/2,150,000

経済支援奨学金 -450,000
受給者納入金 合計/1,700,000
2年次以降 合計/1,950,000

経済支援奨学金 -450,000
受給者納入金 合計/1,500,000

・保護者会費(松雲友の会会費)年額25,000円、同窓会入会金20,000円が別途必要です。

国立大並みの学費で6年間学べる
特待生奨学金 -Ⅰ種-

対象入試:一般選抜・大学入試センター試験利用選抜

135万減免

対象入試のいずれかで、
合計得点率が80%以上の入学者の
年間授業料を135万円減免。

納入年額195万円のところ適用されると135万減免の60万円

■減免期間/6年
■継続条件/2年次以降もGPA2.5以上であること。継続条件が満たされなかった場合は、以降の奨学生の資格を失います(Ⅰ種からⅡ種への種別降下は認められますが、一度Ⅱ種対象となった後のⅠ種への復活はありません)。
■原則として本学の他の奨学金との重複受給はできません。

私立文系学部並みの学費で6年間学べる
特待生奨学金 -Ⅱ種-

対象入試:一般選抜・大学入試センター試験利用選抜

75万円減免

対象入試のいずれかで、
合計得点率が70%以上の入学者の
年間授業料を75万円減免。

納入年額195万円のところ適用されると75万減免の120万円

■減免期間/6年
■継続条件/2年次以降もGPA2.3以上であること。継続条件が満たされなかった場合は、以降の奨学生の資格を失います。
■原則として本学の他の奨学金との重複受給はできません。

※GPA(Grade Point Average)とは、各履修科目の成績評価(S・A・B・C・F)を数値化し、その総合点を登録科目の総単位で割って算出した成績平均値です。

成績評価 S(秀) A(優) B(良) C(可) F(不可)
ポイント 4 3 2 1 0

薬剤師を志す方の学費負担を軽減
経済支援奨学金

対象入試:全選抜

45万減免

学費負担者(出願者の父母両方)の年間収入を合算した金額(世帯収入)が
以下の条件①②を満たし、出願時に申請した者の年間授業料を45万円減免。
①給与所得者:直近の年収600万円未満(給与収入金額・課税前)
②給与所得者以外:直近の年収300万円以下(所得金額)

※ ①②双方の収入・所得がある場合は、合算して総合的に判断

納入年額195万円のところ適用されると45万減免の150万円

■減免期間/6年
■継続条件/成績要件なし *収入金額基準年1回確認
■出願時に申請のない者は対象となりません。
■原則として本学の他の奨学金との重複受給はできません。

AO選抜合格者の入学金相当額を初年度減免
AO奨学金

対象入試:AO選抜

20万減免

入学者全員の初年度授業料を20万円減免。

納入年額195万円のところ適用されると20万減免の175万円

■減免期間/初年度のみ
■原則として本学の他の奨学金との重複受給はできません。
■経済支援対象者がAO選抜で合格した場合、経済支援奨学金のみの適用となります。

在学生対象奨学金
2020年度入学生対象


項目 対象学生 給付内容
特別奨励金 前年度の学業成績が
著しく優秀な学生
薬学部 60万円
(上限)
経済経営学部
国際コミュニケーション学部
医療保健学部
30万円
(上限)
資格取得奨励金 該当資格*を取得した学生 全学部 Ⅰ種 1万円
(図書カード)
Ⅱ種 3,000円
(図書カード)
留学助成金 海外留学する学生 経済経営学部
国際コミュニケーション学部
長期留学 1年分の納付授業料
(上限)
セメスター留学
(半期)
半期分の納付授業料
(上限)
全学部 短期留学
(約1カ月)
8万円〜12万円
国際交流研修
助成金
国際交流研修への
参加を希望する学生
全学部 別途
一般奨学金
(無利子貸与)
学修意欲があり、学業を確実に
終了できる見込みがありながら
経済的事情により学業継続が
困難な2年次以上の学生
薬学部 100万円
(限度額)
経済経営学部
国際コミュニケーション学部
医療保健学部
60万円
(限度額)
緊急奨学金
(無利子貸与)
主に家計を支えている人が
失職・破産・会社の倒産・病気・死亡等、
また風水害により家計が急変したため
緊急に奨学金の必要が生じた学生
薬学部 100万円
(限度額)
経済経営学部
国際コミュニケーション学部
医療保健学部
60万円
(限度額)
バス通学助成金 通学定期乗車券を利用して通学する学生 全学部 出羽町または小将町から
大学までの運賃の20%を助成

*【資格取得奨学金】該当資格:<I種>実用英語検定準1級以上・TOEIC760点以上・TOEFL iBT83点以上のいずれか、中国語検定試験2級以上・HSK6級以上のいずれか、日本語能力試験N1、社会保険労務士、行政書士、宅地建物取引主任者、旅行業務取扱管理者(総合)、基本情報技術者、公認会計士、税理士、国家公務員II種以上、地方公務員(上級)(県・県庁所在地の市)、労働基準監督官、国税専門官、裁判所事務官、自衛隊幹部候補生、教員採用試験(公務員・本採用に限る)<II種>日商簿記検定2級以上、健康運動実践指導者、旅行業務取扱管理者(国内)、地方公務員(上級・県・県庁所在地の市以外の市町村)、自衛隊幹部候補生以外、警察官、消防官、刑務官

その他助成制度


項目 内容
家族入学助成金 両親、兄弟姉妹、配偶者が本学在学生または卒業生の者全員の入学金相当額を免除(入学後支給) 入学金相当額
(20万円)免除
入寮優遇制度 沖縄県・北海道出身者、または両親、兄弟姉妹、配偶者が本学の卒業生(または在学生)の方を対象に、
ドームひまわりの家、松雲会館の寮費を50%免除します。
薬学部は6年間、医療保健学部・経済経営学部・国際コミュニケーション学部は4年間適用します。
※松雲会館に入寮する方については、2022年3月の閉館までの適用となります。
松雲会館・・・年18万円免除
ドームひまわりの家・・・年27万円免除

過去の奨学金情報


奨学金のお申し込み・お問い合わせはアドミッションセンターまで