2022年度 入試情報

HOKURIKU UNIVERSITY

入学者選抜出題方針


薬学部
薬学科


学部のアドミッションポリシーに従い、
以下のとおり出題方針を定めています。

一般選抜(本学独自方式)

英語
高等学校までに修得した英語力を判定することを目的としたマークシート方式の学力試験です。読解や文法を中心に、総合的な英語力を測る問題を出題します。具体的には、英文の内容を正しく理解し筆者の意図を読み取る力、英語で書かれた複数の文書やデータから情報を読み取る力、正しい文法や口語的言い回しについての知識、英語によるコミュニケーションにおいて話し手の意図や会話の文脈を読み取って適切に応答する力などを測ります。
化学
薬剤師を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式と記述式の学力試験です。薬学部卒業時に求められる専門知識・技能の獲得は、様々な化学系専門教科の修得を基盤としており、入学後にこれら専門教科を理解するために必要な基礎学力と学習能力が備わっているかどうかを判定することを目的として行う試験です。出題範囲は「化学基礎」と「化学」であり、教科書から逸脱しない内容で化学の知識・理解力を問います。問題の難易度は、大学入学共通テストと同等なレベルを指向しています。
数学
薬剤師を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。この試験は、受験生が高等学校で修得すべき数学の基礎学力を確実に身につけているかどうかを判定することを目的として行います。出題範囲は「数学I」と「数学II」、「数学A」および「数学B(数列・ベクトル)」であり、一般的な数学教科書内容の基礎的知識に基づく計算力と論理的思考力を問います。

学校推薦型選抜(公募方式)

化学
薬剤師を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。薬剤師の専門知識・技能の獲得は様々な化学系薬学専門教科の修得を基盤としており、入学後にこれら専門教科を理解するために必要な基礎学力と学習能力が備わっているかどうかを判定することを目的として行う試験です。出題範囲は「化学基礎」と「化学」(“有機化合物と人間生活”および“高分子化合物”を除く)であり、教科書から逸脱しない内容で化学の基礎的な知識・理解力を問います。

医療保健学部
医療技術学科


学部のアドミッションポリシーに従い、
以下のとおり出題方針を定めています。

一般選抜(本学独自方式)

英語
高等学校までに修得した英語力を判定することを目的としたマークシート方式の学力試験です。読解や文法を中心に、総合的な英語力を測る問題を出題します。具体的には、英文の内容を正しく理解し筆者の意図を読み取る力、英語で書かれた複数の文書やデータから情報を読み取る力、正しい文法や口語的言い回しについての知識、英語によるコミュニケーションにおいて話し手の意図や会話の文脈を読み取って適切に応答する力などを測ります。
化学
臨床検査技師、臨床工学技士を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式と記述式の学力試験です。医療保健学部卒業時に求められる専門知識・技能の獲得は、様々な化学系専門教科の修得を基盤としており、入学後にこれら専門教科を理解するために必要な基礎学力と学習能力が備わっているかどうかを判定することを目的として行う試験です。出題範囲は「化学基礎」と「化学」であり、教科書から逸脱しない内容で化学の知識・理解力を問います。問題の難易度は、大学入学共通テストと同等なレベルを指向しています。
国語
高等学校の学習全般を前提とした語彙力、読解力、表現力を判定する学力試験です。専門分野に偏らない、一般社会における幅広い知識や思考を出題の対象とし、文章内容の理解と筆者の意図を読み取る問題を中心に出題します。また、高校卒業程度の漢字の読み書きやことわざ・四字熟語なども出題します。出題形式は、マークシート方式と記述式です。出題範囲は、現代文のみです。(古文、漢文を除く)
数学
臨床検査技師、臨床工学技士を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。この試験は、受験生が高等学校で修得すべき数学の基礎学力を確実に身につけているかどうかを判定することを目的として行います。出題範囲は「数学I」と「数学II」、「数学A」および「数学B(数列・ベクトル)」であり、一般的な数学教科書内容の基礎的知識に基づく計算力と論理的思考力を問います。
生物
臨床検査技師・臨床工学技士を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。アドミッションポリシーに示した、「医療の知識と技術を身につけるために必要な基礎学力を有している」ことを判定するために行います。大学入学共通テストと同程度の難易度の問題を、「生物基礎」および「生物」の教科書の範囲と内容から出題します。 (ただし、「生物基礎」の“生物の多様性と生態系”および「生物」の“生態と環境”は除外します。)
化学基礎
生物基礎
臨床検査技師・臨床工学技士を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。アドミッションポリシーに示した、「医療の知識と技術を身につけるために必要な基礎学力を有している」ことを判定するために行います。大学入学共通テストと同程度の難易度の問題を、「化学基礎」および「生物基礎」の教科書の範囲と内容から出題します。 (ただし、「生物基礎」の“生物の多様性と生態系”は除外します。)

経済経営学部
マネジメント学科


学部のアドミッションポリシーに従い、
以下のとおり出題方針を定めています。

一般選抜(本学独自方式)

英語
高等学校までに修得した英語力を判定することを目的としたマークシート方式の学力試験です。読解や文法を中心に、総合的な英語力を測る問題を出題します。具体的には、英文の内容を正しく理解し筆者の意図を読み取る力、英語で書かれた複数の文書やデータから情報を読み取る力、正しい文法や口語的言い回しについての知識、英語によるコミュニケーションにおいて話し手の意図や会話の文脈を読み取って適切に応答する力などを測ります。
国語
高等学校の学習全般を前提とした語彙力、読解力、表現力を判定する学力試験です。専門分野に偏らない、一般社会における幅広い知識や思考を出題の対象とし、文章内容の理解と筆者の意図を読み取る問題を中心に出題します。また、高校卒業程度の漢字の読み書きやことわざ・四字熟語なども出題します。出題形式は、マークシート方式と記述式です。出題範囲は、現代文のみです。(古文、漢文を除く)
数学
マネジメント力を身につけるために必要な知識と技能の修得を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。この試験は、受験生が高等学校で修得すべき数学の基礎学力を確実に身につけているかどうかを判定することを目的として行います。出題範囲は「数学I」と「数学A」であり、一般的な数学教科書内容の基礎的知識に基づく計算力と論理的思考力を問います。

国際コミュニケーション学部
国際コミュニケーション学科


学部・学科のアドミッションポリシーに従い、
以下のとおり出題方針を定めています。

一般選抜(本学独自方式)

英語
高等学校までに修得した英語力を判定することを目的としたマークシート方式の学力試験です。読解や文法を中心に、総合的な英語力を測る問題を出題します。具体的には、英文の内容を正しく理解し筆者の意図を読み取る力、英語で書かれた複数の文書やデータから情報を読み取る力、正しい文法や口語的言い回しについての知識、英語によるコミュニケーションにおいて話し手の意図や会話の文脈を読み取って適切に応答する力などを測ります。
国語
高等学校の学習全般を前提とした語彙力、読解力、表現力を判定する学力試験です。専門分野に偏らない、一般社会における幅広い知識や思考を出題の対象とし、文章内容の理解と筆者の意図を読み取る問題を中心に出題します。また、高校卒業程度の漢字の読み書きやことわざ・四字熟語なども出題します。出題形式は、マークシート方式と記述式です。出題範囲は、現代文のみです。(古文、漢文を除く)

国際コミュニケーション学部
心理社会学科


学部・学科のアドミッションポリシーに従い、
以下のとおり出題方針を定めています。

一般選抜(本学独自方式)

英語
高等学校までに修得した英語力を判定することを目的としたマークシート方式の学力試験です。読解や文法を中心に、総合的な英語力を測る問題を出題します。具体的には、英文の内容を正しく理解し筆者の意図を読み取る力、英語で書かれた複数の文書やデータから情報を読み取る力、正しい文法や口語的言い回しについての知識、英語によるコミュニケーションにおいて話し手の意図や会話の文脈を読み取って適切に応答する力などを測ります。
国語
高等学校の学習全般を前提とした語彙力、読解力、表現力を判定する学力試験です。専門分野に偏らない、一般社会における幅広い知識や思考を出題の対象とし、文章内容の理解と筆者の意図を読み取る問題を中心に出題します。また、高校卒業程度の漢字の読み書きやことわざ・四字熟語なども出題します。出題形式は、マークシート方式と記述式です。出題範囲は、現代文のみです。(古文、漢文を除く)
数学
心理学の知識と技能の修得を目指す入学者を受け入れるために行うマークシート方式の学力試験です。この試験は、受験生が高等学校で修得すべき数学の基礎学力を確実に身につけているかどうかを判定することを目的として行います。出題範囲は「数学I」と「数学A」であり、一般的な数学教科書内容の基礎的知識に基づく計算力と論理的思考力を問います。