資料請求

北陸大学トップ

北陸大学スペシャルトピックス インデックス

学内企業説明会出席企業インタビュー②

北陸大学スペシャルトピックス インデックス
HU SPECIAL TOPICS INDEX

学内企業説明会出席企業インタビュー②

就職、資格 / 2017.03.03 update

高山リード株式会社
常務取締役 高山健さん

信頼と技術力で世界を舞台に積極展開

織機・整経機用部品「リード(筬・おさ)」の製造・販売を行う高山リード株式会社(金沢市)の高山常務取締役にお話をお伺いしました。

★貴社の強みを教えてください
⇒2015年に創業100周年を迎え、その間に生み出した高度な生産技術やノウハウで生産される高品質リードが、国内シェア70%、世界シェア20%と、国内のみならず、世界のトップシェアを誇っていることです。中国、韓国、タイ、マレーシア、台湾などに関連・提携会社を置き、世界各国の企業との取引があり、当社が作っているリードの約7割は海外に輸出しています。また、貿易に関する実務は商社を介さずにすべて自前で行っており、必要があれば随時直接現地に赴くなど、機動的な営業を展開しています。ものづくりの現場でも英語でのコミュニケーションができる「グローバルな人材育成」を行っていると自負しています。

★仕事のやりがいは?
⇒昨年、全国放送のテレビ番組でも取り上げていただいたのですが、ユーザーに納めた製品が無事に稼働し、以後リピーターになっていただけたときに大きなやりがいを感じます。また、お客様から「高山リード製の筬で」とご指名で注文をいただいたときや、お客様からの紹介で全く取引のなかった企業様からご注文をいただいたときなどもうれしいですね。そのためにも「機動力」を大切にしており、例えば納品先で機械のトラブルなどがあったときは、当社の筬が原因でなかったとしても、いち早く動くことで「高山リードは困ったときに手助けしてくれる」との評判をいただいていると思っています。

★どのような人材を求めていますか
⇒「失敗を糧に、くじけることなく挑戦できる人材」です。もちろん、海外を相手にするので英語力や中国語力があるに越したことはありませんが、具体的な能力要件は設定していません。それよりも、国内外のどのお客様からも信頼を得ることのできる「コミュニケーション力」と「人間力」を重要視しています。

★高山さんからご覧になった本学の印象は?
⇒北陸大学の卒業生は現在2人在職しています。一人は輸出販売部に所属する女性社員で、非常に英語が堪能であり、貿易実務全般、翻訳などを担当しています。もう一人は入社3年の若手男子で、文系出身ながらものづくりに面白さを見出し、製品の開発や製造に携わってくれています。二人ともなくてはならない人材で、今春から加わってくれるYさんも合わせ、今後を楽しみにしています。

★最後に、本学へのメッセージをお願いします
⇒他大学に比べ、北陸大学の皆さんは真面目で、就活も早くから積極的に行っている印象がありますね。当社はものづくりを大切にしていますが、入社の際に資格などは特に求めていません。ものづくりの現場に興味がある方、そして新しい製品や機械を開発することに興味のある方であれば、学部によらずぜひチャレンジしていただきたいと思います。海外との接点が多く、そうした仕事に携わりたい方もお待ちしています。