資料請求

北陸大学で英語力が伸びないわけがありません

OG / 2017.03.22
中川 紗世
北陸大学に入学したキッカケや在学中の感想は?

教員を目指して入学

北陸大学には3年次から編入しました。編入を決めた大きな理由は、編入前に修得した単位と編入後の2年間で修得可能な単位により、中学、高校の教員免許(英語)を取得できるということを知ったからです。

TOIEC®に注力し、学外活動も積極的に参加

在学中に一番力を入れて取り組んだことはTOEIC®の勉強です。在学中に945点を取得できました。また、兼六園を訪れる外国人に観光ボランティアガイドを行ったり、金沢で開催された国際会議での通訳、絵本の読み聞かせなど学外ボランティア活動にも積極的に参加しました。

北陸大学を選んで良かったことは?

教員免許取得へのサポート体制が充実していたことです。作文対策や面接対策を先生方にしっかりしていただいたので、採用試験本番でも自分の力を発揮することができました。また、外国人の先生がたくさんいらっしゃったので、学内で英語を話す機会が多くあり、自然と英語力も伸びました。

現在のお仕事について

現在のお仕事を選んだきっかけ、やりがい、また逆に大変な点などについて

子どもたちが成長する姿を近くでみることのできる教師という職業に魅力を感じて目指しました。 現在は石川県内の公立高校で英語教諭として勤務していますが、子どもたちが真剣に勉強や部活に打ち込む姿を見るときに一番やりがいを感じます。逆に大変な点は、授業の準備です。準備をすればするほどいい授業になるし、逆に準備不足で授業をすれば痛い目を見ます。

今後の展望や目標について

数年後には学級担任になりたい思っています。これまでの教科指導だけではなく、担任としての役割などを今後学んでいきたいです。

北陸大学に向けて

北陸大学は、充実した大学生活を送るための環境が整っていると思います。
特に、語学力を伸ばしたい方にはおすすめの大学です。海外留学・海外ボランティア制度も充実していますし、ネイティブ教員と学内で常に英語で話すことができるので、英語力が伸びないわけがありません!今後も北陸大学からさらに多くの教員が輩出されることを期待しています。