資料請求

国際交流センター
INTERNATIONAL EXCHANGE CENTER

留学先:リージェンツ大学ロンドン(イギリス)

柴田 謹宏(未来創造学部国際マネジメント学科)3年次

テーマ学校編
留学種類長期留学
滞在期間2016年7月〜2017年7月
滞在方法

私は今月、他の国の料理に挑戦してみました。
ロンドンには様々な国のレストランがたくさんあります。
私はロンドンに来てからいつも日本食レストランへ行き日本食ばかり食べていたので、トルコ料理のラム肉のケバブや、イギリスで有名なフィッシュアンドチップス、カレー、スペイン料理のパエリアなどに挑戦してみました。
日本にいた時には、その様なレストランを住んでいる近くで見た事がなく食べた事もなかったので挑戦できて良かったです。
クラスメイトのトルコ人の友達にも、「トルコ料理美味しかったよ」と報告したら、他にもオススメのトルコ料理があるから一緒に行こうと言ってくれたので、これをきっかけに色々な国の料理を他国の留学生と食べに行ったり、もちろん日本食についても紹介し、知ってもらえればと思いました。
少し挑戦とは違いますが、現地でしか出来ない事は何かと考え、日本へ長期留学に行っていてイギリスに帰ってきた外国人に日本での話を聞いてきました。
日本から海外へ留学へ行っていて帰ってきた人の話は北陸大学にいた時、よく聞く機会はあったのですが、日本へ留学へ行っていてロンドンに帰ってきた外国人の話を今まで聞いた事がなかったので聞いてみたいと思いました。
どこに行けばそのような人達に会えるのかと思っていた時、イギリスの大学生の日本語スピーチコンテストというものが先日、ロンドンであったので、そのコンテストに出場している外国人の日本語のスピーチと話を聞く為に見に行ってきました。
コンテストが終わった後にレシェプションがあり、そのスピーチコンテストで優勝したロンドン大学のイタリア人の人と、準優勝したマンチェスター大学のドイツ人の人に日本での話を聞く事が出来ました。
私は英語を勉強していて、英語は日本語と文法などが全然違うので難しいと感じているのですが、逆に外国人も日本語を勉強していて難しく感じているのか疑問に感じていたので聞いてみました。
2人とも、英語はフランス語やイタリア語などのヨーロッパの言語と文法や、ラテン語が起源となっている単語もあり、英語はすぐに習得出来たが、日本語はやはり難しかったと言っていました。ひらがなやカタカナは読めても、漢字が分からなかった時、その読みかたも分からず、その単語を調べるのにも苦労したと言っていました。
他には、日本人は会話の中でお互いの気持ちを考えながら直接言いたい事を言わないので、それを理解するのが難しかったと言っていました。
イタリア人の彼が留学中、日本のレストランの中でタバコを吸っていた時、店員に「他のお客様もいますので」と言われ、それがタバコをやめてほしいという意味だと分からず「そうですね」と言ってしまったと言っていました。
私も外国人に質問され、短文で答えた時よく「なぜ?」と理由を聞かれる事があり、はじめはなぜ理由を聞かれてるのかも分からず、それは言わなくても分かるだろうと心の中で思っていました。しかし外国人には言いたい事をはっきり言わないと確実に伝わらないのだと分かりました。なので私は英語を話す時、特にそれに気をつけています。
日本と海外は言語だけでなく、文化や考え方も全然異なるので、その様な違いを今後も探してみたいです。

(掲載日 2017/06/24)

※学年は掲載時のものです。