資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

松尾 由理

松尾 由理

専門

  • 薬理学
  • 神経化学(中枢)

主な担当科目

  • 薬理学Ⅰ
  • 薬理学Ⅲ

所属学会

  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会
  • 日本神経化学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 米国神経科学会(Society for Neuroscience)

趣味

  • テニス
  • スキー
  • 音楽鑑賞

私の考えていること

 一つの良い薬ができれば、何百万もの人を助けることができます。そこが、薬に携わる魅力だと思います。未だ良い薬があるとは言えない病気がたくさんあります。癌や脳の病気の薬も、有効性や副作用に多くの問題があります。私は、脳梗塞やパーキンソン病などの脳病態、また、ストレスによる精神疾患など、脳の病気の機序や病態責任分子の解明に興味を持っています。高齢化社会、ストレス社会が加速する今、これらの病気は医療経済学的にもとても深刻ですが、未だ薬物治療は難航しています。これら脳病態の基礎研究を行うことで、新たな治療薬の開発に少しでも貢献できればと思っています。また薬学部生には、基礎研究を通して、将来薬剤師になった時に重要な資質である、問題解決能力、また、ディスカッションを通してコミュニケーション能力を身につけてほしいと思います。例え良い薬が開発されても、それを薬剤師が適切に患者さんに服薬指導し、広めていかなければ、沢山の人を助けることはできません。是非、薬学部の皆さんには、人の命を助けるという強い使命感を持って、進んで行ってほしいです。

高校生へのメッセージ

 無限の可能性を持っています。大きな夢を持って、それに向かって全力で進んでみてください。進んでいくうちに、いろいろな分岐点に立つでしょう。挫折もあるでしょう。夢を変えても構いません。失敗しても大丈夫です。決してあきらめないでください。きっと夢は叶います。

おすすめの本

  • 二重らせん (ジェームス・D・ワトソン)
  • 走れメロス (太宰治)
  • 進化しすぎた脳 (池谷裕二)

ホームページ