資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

松浪 可織

松浪 可織

専門

  • 臨床工学
  • 医用工学

主な担当科目

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 日本体外循環技術医学会
  • 日本集中治療医学会

趣味

  • 楽器演奏

私の考えていること

医療現場では、コミュニケーション力がとても重要となります。自分ひとりだけでできることは限られており、まわりのスタッフと協力して患者さんに関わっていきます。みんなが仲間であり、みんなが患者さんのことを考え、意見交換をしながらより良い治療を選択していきます。これがチーム医療です。最近は人との関わりが苦手な方が増えてきているように感じます。私は臨床工学技士として病院で働いていましたが、学生時代は人と接することが苦手でした。働き始めてからも思うように意見を言えないことが多かったのですが、自分から発言しコミュニケーションを取らなければ良い仕事ができないと気づきました。それからは仕事に自信が持てるようになり、チームの一員として様々な医療に関わることができました。
同じように苦手意識があるみなさん、怖がらず、恥ずかしがらず、学生の間に仲間とどんどんコミュニケーションを取っていってください。

高校生へのメッセージ

医療の世界は全く関係ないと思えることもどこかで繋がっています。ちょっとしたことでも何かのヒントになっているかもしれません。それが人生を変えることになるかもしれません。北陸大学でいろんなことに興味を持って一緒に学んでいきましょう。

おすすめの本

  • 本川達雄 「ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学」 中公新書 1992

ホームページ