資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

竹井 巖

竹井 巖

専門

  • 物理学
  • 雪氷学

主な担当科目

  • 物理学
  • 数学
  • 物理化学系実習

所属学会

  • 日本物理学会
  • 日本雪氷学会
  • 国際雪氷学会
  • 日本雪工学会

趣味

  • 弓道
  • 遺跡見学

私の考えていること

金沢は、冬に雪が降って積もったりする場所です。 この金沢の雪に興味を覚えて、北陸大学で雪の研究を始めて20年以上の時が流れました。最初に考えていたほどには、金沢の雪の性質は単純ではありません。降ってくる雪が、からみあった雪片であったり、あられ状のものが多く、形の整った雪の結晶を観察することが難しいのです。また、積もった雪は、金沢では冬の気温があまり低くないこともあって、時間とともに性質や様子がどんどん変化していきます。このような複雑な素材としての金沢の雪を調べて、新たに判明した物理的性質は多くありました。さらに詳しく調べるため、氷の単結晶を用いた氷の本性を調べる研究を進めています。

ところで、金沢を含めた石川県では、昔、氷室や雪穴といった貯雪施設に冬の雪を蓄え、夏に利用していました。この氷室を詳しく調べていくと、先人達の雪利用技術が、科学的合理性を持って運用されていたことがわかります。得られた科学的知識と先人達の知恵を合わせて、石川県の資源としての雪の有効利用法も探って行きたいと考えています。

高校生へのメッセージ

一般向けに科学について解説した良書が多く出版されています。そういった科学関係の本を読みましょう。二度と戻らない貴重な時を過ごしている高校生のみなさんが、高校生としてふさわしい知的な刺激を受けて、充実した時をすごすことができるように祈っています。

おすすめの本

  • 前野紀一『氷の科学』北海道大学図書刊行会:氷のことを知ると、地球の多くのことが理解できます。
  • ケネス・ブリクト『スノーフレーク』山と渓谷社:美しい雪の結晶写真と雪にかかわる話に魅せられます。