資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

定成 秀貴

定成 秀貴

専門

  • 分子生物学
  • ウイルス学

主な担当科目

  • 基礎ゼミⅠ
  • 生物学
  • 生体防御学(免疫)
  • 生体防御系実習
  • 薬学基礎実習

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本感染症学会
  • 日本ウイルス学会
  • 抗ウイルス療法学会

趣味

  • サイクリング
  • 旅行(キャンプ)

私の考えていること

薬学的なウイルスの研究とはウイルス増殖を阻止する薬の研究。それだけではない。ウイルスは、生きた細胞(宿主細胞)の機能を利用して増殖するため、ウイルスの増殖を知ることは、細胞の機能を知ることになる。従って、ウイルス研究から多くの細胞機能が解明されている。さらに、現在では、ウイルス自身が治療薬として利用されようとしている。つまり、ウイルスの研究は、生物学的な基礎研究から、臨床にまで応用されてきていると言える。これまで薬学領域(我が国の薬学部での研究)では、ウイルス研究がさかんに行われて来たとは言えないが、これからは基礎的なウイルス研究から、応用まで幅広く行われていくだろう。私自身もその一端を支えて行きたいと思いながら、日々研究に向かっている。

高校生へのメッセージ

薬剤師をめざしたい、それは医療人であることを再認識することから始めよう。そして、勉強したいという思いを持ち続けることが重要だと思う。薬剤師になってからも一生その気持ちを大切にすることだ。薬剤師に限らず多くの職業でそのような気持ちは大切だと思う。そういう自分を想像出来る人は、大学で一緒に勉強しよう。

おすすめの本

  • 『発想の現場』柳田邦男
  • 『脳死』立花隆