資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

宗像 浩樹

宗像 浩樹

専門

  • 光増感剤

主な担当科目

  • 日本薬局方
  • 物理薬剤学
  • 基礎ゼミⅠ
  • 基礎ゼミⅡ
  • 物理化学系実習
  • 総合薬学研究

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本癌学会
  • 日本化学会

趣味

  • 写真
  • アクアリウムなど

私の考えていること

病魔に負けてしまう。 助けたい、助けられない、助けてほしい。 言葉にならない絶望、空虚感。

私がまだ幼かったある日、憎い病魔の存在を知りました。その病魔と闘うくすりを創り、遣うことができる様になりたいという想いをもって、今日までくすりの勉強をしてきました。

病魔は1匹ではありません。沢山、たくさん、たくさんいます。

人間は生きている限り健康に近い状態で過ごすために、病魔の数だけ対処法を見つけなければなりません。そのため、少しでもこの病魔と闘う気持がある人が、志を捨てずにたくさん増え、憎い病魔の実態を知り、闘うくすりを創り、適切に使われるようになったら。 もっと多くのヒトが人間らしく生きることができる。

高校生へのメッセージ

からだのこと、病気のことを知り、薬を創り、正しく扱えるヒトになるということは、“ヒトが人間らしく生きるにはどうしたらよいのか”、ということを自分で考えることにつながります。そういう自身の、家族の、社会の役に立つ、必要とされる人になることを目標にしてみませんか。

おすすめの本

  • Carlo Collodi、『Le avventure di Pinocchio(ピノッキオの冒険)』
  • Victor Hugo、『Les Miserables(ああ無情)』
  • Maurice Maeterlinck、『L'oiseau Bleu(青い鳥)』