資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

船本 弘史

船本 弘史

専門

  • 言語学(選択体系機能言語学)

主な担当科目

  • 英語リーディング
  • 英語ライティング
  • 総合英語
  • ベーシック資格英語

所属学会

  • 日本英語学会
  • 日本機能言語学会
  • 関西言語学会

趣味

  • ジョギング
  • 筋力トレーニング

私の考えていること

いま世界には3000とも5000ともいわれる数のことばがあるといわれています。そして、ひとつひとつのことばは使われる地域、性別、年齢、職業などによってさまざまなバリエーションがあります。歴史的にも変化します。さらに、話す目的や目の前にいる相手によって言葉づかいを変えたりもします。このように、ことばは実に多様で豊かなものなのです。ではなぜことばはこれほどまでに多種多様でなければならないのでしょうか。それは、私たち自身が営む暮らし、つまり社会が豊かなものだからではないでしょうか。ことばの豊かさと人間社会の豊かさとは切っても切れない関係にあるのです。人はみな、特に意識をしなくても母語を話し、日々の生活を営んでいます。それほどまでに当り前の存在である「ことば」が、私にとっては奥深く、不思議でならない。

高校生へのメッセージ

みなさんは習字と書道の違いを知っていますか。どちらも基本的には使う道具に違いなんてありませんよね。習字はお手本があって、そのとおり正確に、間違いなく、きれいに字を書くことです。それに対して、書道にお手本なんてものはありません。なぜなら、己を見つめ、自分自身を表現するための「道」だからです。実は勉強にも「学習」と「学問」があるのです。大学はただ「正解」を教えてもらうところではありません。学問って何なのか、考えてみませんか?それは、自分探しの旅でもあるのです。

おすすめの本

  • スティーブン・ピンカー『言語を生みだす本能』
  • ゲーテ『親和力』

ホームページ