資料請求

教員紹介
INTRODUCTION OF TEACHERS

鍛治 聡

鍛治 聡

専門

  • 分子生物学
  • 放射線生物学

主な担当科目

  • 人間学I(生と死)
  • 人間学(21世紀の生命)
  • わかりやすい生物
  • 薬学英語
  • 生化学系実習
  • 生命の科学

所属学会

  • 日本薬学会
  • 放射線影響学会
  • 日本化学会
  • 日本アイソトープ協会

趣味

  • 釣り
  • 昆虫・メダカ等小動物の飼育

私の考えていること

興味、関心、好奇心・・・これらを動機にヒトは活動します。また、その度合いが高いほどより活動的になります。活動的なのが脳の興奮だけでは、ヒトの動作というか生産活動には繋がりません。当然、神経・液性の伝達で個々の細胞が活性化します。この活性の伝達は、最終的にはヒトの生・加齢・死とも深く関わります。

私は、このような伝達経路において細胞の中での細胞小器官-巨大分子-分子の情報伝達を担うものと伝達による応答がどのように行われているかに関心を持っています。科学技術の進歩により、今まで見ることができなかったものが、それこそ宇宙の果て近くから細胞の奥底まで見ることができる、また見ようと思う気になるようになってきました。60兆もの細胞が複雑に関連しあって成り立っている生命体としてのヒトの生・加齢・死の伝達を直接目にし、その事象を考えてみたいと思っています。

高校生へのメッセージ

若く、絶え間なく情熱がわき出してくるという、素晴らしい時を過ごしている皆さん。状況が…、困難で…、といったことがあっても負けないはずです。可能性がまだまだある時です。何よりも国のためにとすべてを捧げ…、それ以外の思いを抱くことがかなわなかった時代を過ごした人達に感謝し、思いの実現を目指しましょう。

おすすめの本

  • 阿川弘之『雲の墓標』